>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2015.01.21
☆危機的な状況に・・・
昨日、出た結果を三田医院に伺いに行ってきました。

これが12月3日に取った結果
去年の10月27日の数値4200だった白血球の数値は大きく下回り、
やっぱり、少しあがっても3600だったものが、

2015.01.20shita 003

昨日でた結果では、更にまた下がって
2015.01.20shita 002

3400に。

好中球も下がってしまい、5000以下に。

睡眠は、
昨日は。。。一昨日眠れなかかったせいもあって、コントミン5mg1錠ですんなり
寝入れましたし、ベムソムラでもトイレで起きても、また眠ることが出来ました。
トイレに起きた時に、流れてしまってるオーラルバランスをスプーンで塗り直すこともします。

舌はなんとか回復傾向です。

これが一昨日

2015.01.20shita 004

割れ目もなくなり、ピンク色の舌になりました。
先のいちご舌はまだあるけど。
ケナログ+オーラルバランス、いい感じです。

これは、今日の舌

白血球の現象をあげるために、三田先生からツムラ48の十全大補湯という漢方を気長に飲むように
出してもらい、続けることにしました。

私は、ヒルナミンとベムソムラを辞めたら、4200に戻るのではないか?と思うのですが、
ヒルナミンも実は、気づいてなかったんですけど、
睡眠前に飲むように指示された個数は2個だったのに、あまりにだるいので、
いつだかから、1個に減らして飲んでたんです。

それでも、充分、寝入れます。
あと、昨日の先生が言われたとおり、弛緩作用の強いレキソタンとリボトリール、コントミンという
組み合わせで、脱力感がひどくお風呂も一苦労な現状になってる可能性もあるというのを
そうかも。。。と思い、今日の昼からデパスに切り替えてます。

発作がでたら、ワイパを飲みます。

10月には3200というときもあったので、そのときはセロクレル(クレチアピン)
が原因だったんですけど。

抗がん剤で化学物質過敏症になってる可能性もなきにしもあらず。

3000は割ってなかったけど、3400は決して楽観視できる数字でもなく
リンパ球が高くても、白血球の数からいけば、1640しかないわけで。

血圧も、ヒルナミンに替えてから、更にひくくなって、
上が94 下が70という数字で維持してるので、
前は上は100はあったのに、まいります。

貧血などもなく、栄養状態はいいんですが。

ヒルナミンの散剤があればいいですが、それができるかどうか?
小さな薬局だし、5mgを80%にして4gにできるのか?とか。
入眠効果と更に半分にしてしまって効果が半減期の山が到達しなくなっては意味がない
ので、「今の糖衣錠から、散剤にしてもらって、
例えば4mgにして、全体のこのだるさの副作用を軽くしては?」という
三田先生のアドバイスだったですけども。

本心は、ヒルナミンに替わる半減期の短い、
ちゃんと入眠できる白血球が下がらない薬が欲しいです。

それを伝えてきますが、金曜の再診で。

ヒルナミンで血圧が下がりすぎてるのはヒルナミンを飲み始めてからなので、
明らか。
90なんて・・・昔ならあり得なかった数値なのです。


スポンサーサイト

16:11  白血球について no-comment no-trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。