>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.10.15
☆「被ばく列島」この本を買ったり、借りたりして是非、読んで見て下さい!
小出先生と、元北海道がんセンター名誉院長の西尾正通先生が共著で書いてる新刊です。

今の福島の子供にガラスバッジを実践させた西尾先生です。

私が書いた昨日の記事をかぶってることが書いてあるかもしれません。

必読だと思います。

移住してきてから、なるべくモノや本など増やしたくないし、出費も抑えたいので、この本も
買いたいところですが、県立図書館に購入リクエストを早々に出して、
購入されたら、一番に読めるように手はずを整えました。
図書館は、本当に利用しない手はない場所です。




クリックすると、そこから直に購入が出来ます。

内容情報】(「BOOK」データベースより)
問題は福島だけではないー。原子核工学者と、3万人のがん患者に向き合ってきた放射線治療の第一人者が、原発と医療被ばくによる「複合被ばく」の真実を明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 そもそも放射線とは?-被ばくの実態に向き合う/第2章 世界一の医療被ばく国、ニッポン/第3章 原発事故における被ばくとの格闘ー福島で何が起こっているか/第4章 原発の安全・安心神話を語るのは誰か/第5章 原発作業員や放射線医療従事者を被ばくから守れ/第6章 放射性廃棄物をどう処理するか/第7章 日本は世界の流れから取り残されていないか/終章 私たちはこれから、放射線とどう向き合うかー後世の子孫への責任ー

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小出裕章(コイデヒロアキ)
1949年、東京都生まれ。68年、原子力平和利用の夢を抱いて東北大学工学部原子核工学科に入学するが、女川原発の建設計画で原子力発電の危険に気付き、以後一貫して反原発の立場から研究と発言を行う。74年、同大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。現在、京都大学原子炉実験所助教。専門は放射線計測/原子力安全

西尾正道(ニシオマサミチ)
1974年、札幌医科大学卒業後、(独)国立病院機構・北海道がんセンターでがんの放射線治療に39年間従事。現在、北海道がんセンター名誉院長、北海道医薬専門学校学校長、厚生労働省北海道厚生局臨床研修審査専門官。市民活動として、「市民のためのがん治療の会」顧問、「たらちね甲状腺検診プロジェクト」顧問。専門学術著書・論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あと、木下黄太さんの今日のブログも興味深いですし、
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/4cf0b7eac7f8d01bbaa09316979cf99f

今日の武田先生のブログも必読だと思います。
http://takedanet.com/2014/10/post_9962.html
武田先生のブログも、木下さんのブログもリンク集にありますので、
そこから飛んで、毎日、チェックされることをおすすめします。
スポンサーサイト

00:04  原発・放射能情報 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。