>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.10.12
☆コメント欄について・・・
ブログの名前の下に簡単に書いておりますことを
詳しく説明致したく思います。

コメント欄で鍵付きのコメントで精神的にとても怖いものが届く度に、
私が、とても具合が悪くなり、心身ともに、
この「ゆあのエッセイ」が続けられない事態になりそうなので、
鍵付きコメントを送りたい場合も、、普通のコメントも
私のメアドに直に届かず、1度夫のメアドに届く方式に致しました。

そこで、夫には精査してもらってから、(精査とは、
私に「そのコメントが私の精神を乱さないものかどうか?」
一度目を通してもらってから)私のメアドに転送してもらう方式にします。
そして、安全なものであれば、夫が承認し、
夫が読んで、私の精神に支障を来たすような内容のものだと判断した場合は
そのコメントを絶対に私の目に触れさせることなく、夫がそのコメントを即座に削除致します。

承認されたコメントに対しては、私がそのコメントのお返事を
コメント欄でか、もしくは読者様ご自身がメールでお返事をご希望の際は
メアドを書き添えて)
メールできちんとお返事を差し上げます。
(そちらのメアドにお返事を致します。)

夫は、どこにももうリタイアして就職もしてないし、
私のブログを読んでる方のお悩みを公言したり、
また漏らす人間では決してありません。
また、ゆあのエッセイに口出しをする人間でもありません。
いわば、私にとっての今の最後の砦の方法です。

前はコメント欄をなくすことが環境の設定で簡単にできたのですが、
システムが変わってから、コメント欄をなくす方法がFC2の中でできなくなってしまったので、
この方法を仕方なく取ることにしました。

夫のメアドに届くので、「夫に内容を読まれるので、コメントを出しにくい」という
コメントを残して頂ける方には、とてもプライバシー侵害のような方法で
心苦しいのですが、これ以上、怖い思いやツライ思いには心身ともに耐えられない状況なので
どうかご了承ください。

また、今までじかに私のPCメアドからお返事を頂いた方は
鍵付きコメントの方だったと思いますので、
そういう方は、じかに私のメアドにメールを下さい。

鍵付きコメントとがなくなるということは、
「ゆあ向けに出してるのに、
それが叶わなくなることじゃないか!」という
ご批判は承知の上なのですが、
鍵付きコメントに設定した上で
私に恐怖を与えるコメントを送ってくる方がいます。
送って来る方は、恐怖を与える目的な内容ではないのかもしれませんが、
<私には>、その内容はその度に眠れなくなり、
食べられなくなるほどの内容の恐怖な内容です。
その方のメールが届く度に、とても怖いので、私は、すぐに
IPホストをコピーし、二度とコメント欄やブログ閲覧ができないように
するために、そのIPアドレスをブラックリストに入れるのですが
何度、設定しても、他の携帯を借りて、書いてこられるのか?
IPアドレスが異なる形態で届き、そのIPアドレスをブラックリストに入れても
また届くの繰り返しが続きました。
こちらもよくわかりませんが、本当にいたちごっこで、
私の心身がもちませんので、狗肉の策として、このような措置を
取らせて頂きます。

ご了承のほど、どうか、読者の皆様、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

23:55  ゆあから皆様へ comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。