>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.10.12
☆近況・・・
眠れなかったり、食べれなかったりで、41~42kgあたりまで
うろうろするような体重になってしまい・・・
自分でも本当に困っているのですが、
それでも、なんとか自分の足で歩けるし。。。
食器洗いも、お風呂掃除もなんとかできてるし
自分を洗うのが一番疲れて大変なんですけど(苦笑)

こんな風に元気に笑えてます。

笑えてるというか?
頬がこけてるのがわからないように、
笑えますという方が正しいかな。(笑)

夫は、いつもPCからどっかで見つけてきた漫画をみて
現役時代の神経をいつも使う仕事から
すっかり解放されて、今をすごく楽しんでてて、
いつも、ケタケタ、幸せそうに笑ってる。
写真を撮る時に、「笑って」って言っても
いつもへんなはにかんだ笑いしかできないくせに
漫画を見てる時の笑顔は、本当に
愛しくなるほど・・・いい笑顔で。

あんな風に無邪気に声をあげて思いっきり
また笑えたらなあって自分も思うのだけど。。。
自分の罪深さに、とてもでないけど
もう、二度と笑えないと思う。

あの彼の笑顔をいつまでも
絶やさず、笑ってて欲しいなあと
いつも後ろ姿から、見てて思います。

あんなふうに何かに怯えたり、怖がったり
不安になったり、苦しくなったししない夫が
羨ましい。

「ゆあは、なんでも深刻に最悪に物事を考えすぎ!」って
いうけど、そうじゃないと思う。

最悪な事態に備えて、自分は何が出来るか?を
いつも考えてるだけ。

だって、真実を知ってしまったら、
夫を守れるのは、私だけだから。

自分もだけど、夫にだって1ベクレルも汚染されてるものを
食べさせたくないもの。
自分は、いつ死んでもいいけど
この人だけは、もっともっと長生きして欲しい。

私を唯一、わかってくれて、
唯一、守ってくれて、
唯一、許してくれる人だから。

2014.10.11suppin 002

20141011204551478a.jpg


最近、ホント、いつもスッピンで すみません。

また、コメント欄で鍵付きのコメントで精神的にとても怖いものが届く度に、とても具合が悪くなり
心身ともに、この「ゆあのエッセイ」が続けられない事態になりそうなので、
鍵付きコメントを送りたい場合も、、普通のコメントも
私のメアドに直に届かず、1度夫のメアドに届く方式に致しました。

そこで、夫には精査してもらってから、
私に「そのコメントが私の精神を乱さないものかどうか?」
一度目を通してもらってから、私のメアドに転送してもらう方式にします。
そして、安全なものであれば、夫が承認し、
夫が読んで、私の精神に支障を来たすような内容のものだと判断した場合は
そのコメントを絶対に私の目に触れさせることなく、夫が削除致します。
承認されたコメントに対しては、私がそのコメントのお返事を
コメント欄でか、もしくは読者様ご自身がメールでお返事をご希望の際は
メアドを書き添えて)
メールできちんとお返事を差し上げます。
(そちらのメアドにお返事を致します。)

夫は、どこにももうリタイアして就職もしてないし、
私のブログを読んでる方のお悩みを公言したり、
また漏らす人間では決してありません。
また、ゆあのエッセイに口出しをする人間でもありません。
いわば、私にとっての今の最後の砦の方法です。

前はコメント欄をなくすことが環境の設定で簡単にできたのですが、
システムが変わってから、コメント欄をなくす方法がFC2の中でできなくなってしまったので、
この方法を仕方なく取ることにしました。

夫のメアドに届くので、「夫に内容を読まれるので、コメントを出しにくい」という
コメントを残して頂ける方には、とてもプライバシー侵害のような方法で
心苦しいのですが、これ以上、怖い思いやツライ思いには心身ともに耐えられない状況なので
どうかご了承ください。

また、今までじかに私のPCメアドからお返事を頂いた方は
鍵付きコメントの方だったと思いますので、
そういう方は、じかに私のメアドにメールを下さい。

鍵付きコメントとがなくなるということは、
「ゆあ向けに出してるのに、
それが叶わなくなることじゃないか!」という
ご批判は承知の上なのですが、
鍵付きコメントに設定した上で
私に恐怖を与えるコメントを送ってくる方がいます。
送って来る方は、恐怖を与える目的な内容ではないのかもしれませんが、
<私には>、その内容はその度に眠れなくなり、
食べられなくなるほどの内容の恐怖な内容です。
その方のメールが届く度に、とても怖いので、私は、すぐに
IPホストをコピーし、二度とコメント欄やブログ閲覧ができないように
するために、そのIPアドレスをブラックリストに入れるのですが
何度、設定しても、他の携帯を借りて、書いてこられるのか?
IPアドレスが異なる形態で届き、そのIPアドレスをブラックリストに入れても
また届くの繰り返しが続きました。
こちらもよくわかりませんが、本当にいたちごっこで、
私の心身がもちませんので、狗肉の策として、このような措置を
取らせて頂きます。

ご了承のほど、どうか、読者の皆様、宜しくお願い致します。




スポンサーサイト

10:30  「綺麗」を復活させよう♪ comments(8) no-trackback
comment
Re: KIKIさんへ
> KIKIさんへ

不思議なことに、悲しい類の話のTVやドラマ、映画などや医療モノなどは、
一切、ダメになったのですが、他の同病の方のお話は同化できる部分が
あるからか?悲しくなるのではなくて、かえって、不思議に同じテンションで
お話が出来るし、顔もお互いみなくて、自分のペースで話して書けるので
なんか大丈夫なんですよ。
私のご心配までしていただき、ありがとうございます。

KIKIさんのコメントは一切、承認しないで、公開にはしないので、
もう、安心して下さいね。

ただ、多くの人に自分のメアドが知れるのは、ちょっと困るので、
お返事はここでさせて下さい。

KIKIさん宛のお返事ですが、KIKIさんのように悩まれてる方もいらして、
私の返事の言葉の何かが他の方の何かに響くこともあるかもしれないからです。


ここにいらしてる方は、がん罹患者、体験者、うつやパニック経験者の方が多く
いらしてるんじゃないかなって勝手に思ってるのですが、中には
普通の健常者の方もいらしてる方もおられるかと思いますが、
うつでなくても、誰でも悩んだり、すごく落ち込んで這い上がれない時はあると思うのです。

自分が好きになれなかったり。
食べたい、元気になりたい自分が実現できない自分が、私も今の自分が好きではありません。
諦めてるわけではないのですが、気持ちばかり焦って、こんなブサイクになってしまった
こんなはずの移住先での自分じゃなかったはずなのに・・・と日々、思ってるからだと思います。

来月の9日に1年3ヶ月ぶりに母と妹に岡山に祖母と祖父のお墓があるので、
お墓参りに行くので、その時に逢うのですが、こんなにムンクのように
痩せてしまった自分をみせて、母を心配させるのが苦痛で今から憂鬱です。

しかし、そのことをスカイプで妹に相談したら・・・
「あるがままに~♫だよ。」って返事をくれました。
なんか笑っちゃって、そうだよね。
レリゴーだよね。(let it Go!)だよね・・・って気づかされ
少し、気が楽になりました。


  • 2014.10.13
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: KIKI1さんへ
>KIKIさんへ

一度、承認して公開してしまったものは、残念ながら、削除するしか他の皆様のお目に
触れない方法がないので、承認したKIKIさんの放射能に対しての私への危惧のコメントは
削除させて頂きました。

なので、ご安心下さいね。

  • 2014.10.13
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: KIKIさんへ
> KIKIさんへ

いえいえ、全然、KIKIさんが思ってることは
読んでる他の方も普通にそう感じてると思うのです。

考えすぎじゃないかと。

でも、根拠はきちんと数字で計算すれば、出てきて、自分で把握をしてるので
心配してるわけです。

これは、ガンにかかった方々も同じような経験をしてると思うので、
この自分のCT被爆のことは、明日の記事にきちんと書きます。

被爆の病気はなにも甲状腺がんや白血病に限りません。
すごい何十種類という多岐に渡ります。
重い、軽いもあるし、個体差もあります。

ただ、タバコを吸ってる人が全員がんになるか?といえばそうじゃないように
被爆して、それで必ず、なんらかの症状が全員に出てくるのか?といえば
今は、わからないという見解です。(国も研究者も)

でも、少なくても、がん罹患者は・・・同士として
食べ物には気をつけて欲しいです。

そして、お子さんやお孫さんをどうか、本気で守って頂きたいです。
  • 2014.10.13
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: KIKIさんへ
> KIKIさんへ
コメントは表示しないようにしましたので、
私のお返事だけしますね。

色々、言葉に尽くせないご不幸があり、人生のほとんどがとてもお辛い境遇だったのですね。
でも、きっとそれはKIKIさんだから、そうなったわけではないと私は思います。
もし、私がKIKIさんだったら、私も同じような今のKIKIさんになってたと思います。

そうです。
自分でもうしっかりお分かりですね。

ご自分を愛してあげて下さい。
自分に過保護なほどにいたわってあげて下さい。

私が最初に心療内科の先生に言われた言葉は、
「君が今、そうなってるのは、車にガソリンが1滴もない状態で走ろうとしてるからなんだよ。」
という言葉です。

昔の自分には戻れませんが、うつ剤でその3分の1でもやはりTPOに合わせて
上げていきたいし、元気になりたいという私も気持ちは山のようにあります。
でも、それがうまくいかないので、悩み、苦しみ、焦ったり、
まわり(夫)に申し訳ないなあとずっと思い煩ったりしてるわけです。

でも、こうして、KIKIさんと向き合って、こうしてアドバイス?になってるか?
わからないけれど、お話してるだけで、人の役に自分の前にあるたったPC1台で
歩けなくても人のお役に立てることが、自分には嬉しいです。

カウンセラーは傾聴と言って、絶対に聴いてるだけで、
アドバイスはしてはいけないのですが・・・
私はカウンセラーではないので、笑

そうしたら、どうでしょう?みたいなお話しか出来ませんが、
少しずつ、ここで発散したり、自分を楽にさせてあげる場にしませんか?


  • 2014.10.13
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re:KIKIさんへ
>KIKIさんのような、がんになったことのない
ごく普通の方々から見れば、私がこれだけ怖がってるのは、
危険厨というより、放射脳と言われると思います。

でも、私はご存知の通り、卵巣がんで
30~40歳の間の10年間に1年に3回ないし、2回ずつ精密検査で
CT検査で被曝しています。

被曝は、内部被曝と外部被爆の足し算です。

なので、私は、皆さんとは被曝できる余白がもう
この体にないのです。

だから、もう、この体に1ベクレルも入れたくないし、
夫にも、
そして乳がん検査に至っても、マンモグラフィーは事故後から
していません。
全部、エコー検査です。
卵巣を採ってるので、エコーの方が
私の場合、みつかりやすいのです。
閉経の方と同じ条件の体になってるからです。

痛々しいというお言葉、ありがとうございます。

でも、そうでもしないと、実際に白血球が急激に落ちたのは
リアルなことですし、絶対に理由があります。
元に戻ることもあるかもしれないし、
もっとこれから落ちるのかもしれない。

でも、これ以上落ちる可能性のことは
シラミ潰しに潰していきます!

もう、自衛しか、私にはないのです。

そして、夫を守る義務が私にはあります。
私があと少ししか生きれないかもしれなくても
夫には、少しでも私の医療保険で出る保険金で
楽な暮らしをして、健康なまま、長生きして欲しいのです。

私は、過去に子供も堕胎してる罪人です。
なので、早死しても、当然だと思っています。
でも、矛盾してますが、一緒に生きれているうちは、
私もなるべく
元気でいられたら嬉しいし、
元の体力や体重に戻ることは
もう無理でも、彼を一人きりにさすのは
やはり嫌です。

一人では、何を食べても美味しくないし、
一人では、どこに行っても淋しいし
一人では、病気の時も悲しいときや不安な時も
とてもとてもツライからです。

何にも会話してなくても、夫がいてくれるだけで
全然違います。

柏にいた頃は毎日、朝起きてから夜の9時まで
夫が帰ってくるまで一人きりでした。
でも、怖さとか不安とか今ほどじゃなかったです。
慣れてたのか?
私が臆病に更になったのか?はわかりませんが
今は、ちょっと買い物に彼が出て、一人になるのも
怖いです。

夫の体を守るのは、私の義務だと思ってるので、
被爆に関しては、絶対に手を緩めません。


  • 2014.10.12
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: KIKIさんへ
> KIKIさんへ

お悩みが人に読まれない方がいいと思うので、承認しないで、
ここには載せませんね。

そうですね。
KIKIさんには、自助グループなど、同じアトピーやうつで
悩むグループをネットで探して、そこに参加したりして
人と話さなくても、黙っててもいいので、
そこにいる・・・という練習をまず、されるのが
いいかな?と。

柏の頃に、柏の心療内科の先生が運営してる
うつの仲間のNPOグループが同じビルの中にあり、
真ん中にお菓子が置いてあって、
好きな人が好きなことを勝手に話して、
黙っていたい人は、ずっと黙ってそこにいてもよくて
そこにいること、仲間とそこにいることに
慣れる練習などをしてる施設というか
グループがありました。

参加費は500円くらいだったかな?

そういう同病、(アトピーとかうつとか)
の仲間から友達を作れればいいですね。

一挙に結婚を考えなくても、
この人となら話せる。
この人といるとなんか安らぐ。
この人なら、わかってくれるみたい・・・

そんな人が見つかればいいですね。

そんな人が見つかれば、友達から
異性なら、恋人になれるかもしれないし、
パートナーになれるかもしれないですよね。

うつに悩んでる方々は、年齢は様々なので、
相手は無数にいっぱいいると思いますので、
結婚適齢期なんてもう、死語だし、
自分に合いそうな人と会えた時が
その時だと私は思います。
  • 2014.10.12
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: KIKIさんへ
> KIKIさんへ

私は最近は測ってないのですが、身長は158cmありましたが
今は、縮んできっと157cmくらいになってると思います。
ベストな体重は47kg、24%くらいの体脂肪なのですが、
今は、不思議なことに筋肉が落ちたことで、
体重は体脂肪は戻ったのですが・・・
体重は41kgになる時もあります。
あって、42kgです。
最高に太った時期は52kg、体脂肪30%まで行きましたから。
それから比べると10kg減なので、かなり体にはキツイです。
逆にフラフラになって少しの長い距離も歩けないし、
普通のスピードで歩くこともできないし、
走ることなんてとても出来ません。
自転車も普通の速度でこぐのも出来ません。

ん~パートナーは、やはり自分が動かないと
出逢いは待ってるだけでは絶対にないので、
教会に行ってみるとか、なんかの同病コミニュティーに入るとか
本気でパートナーor
結婚をしたいのなら、やはりそれ相応の値段の入会金(約20万)を払う
結婚相談所が確実かと。
それでも、競争が激しいので、自分がパーティーに参加する積極性も必要ですし、
パーティー参加応募なども自費ですし、
(大体1万円)パーティーに当たるのもすごい激戦です。

登録期間は2年なので、月会費も1万円かかりますので、
見つからないで、損をして終わる方も大勢いらっしゃいます。

まずは、ウツや過食・拒食症のコミュニティーをネットで探して
参加をし、お友達を作ることから始めてはいかがでしょうか?

ネットからなら、いくらでもそういうコミュは探せると思うのですが。。。
  • 2014.10.12
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
ゆあさんは、本当に幸せ者ですね。
最愛の旦那さんがいらしてv-434

私も、同性異性に関わらず、生涯のパートナーが欲しいです。ひとり好きが酷すぎて叶えそうにないけど、私なりの幸せの形を作っていかねば。

ところで、ゆあさんて身長はどのくらいか聞いてもいいですか?
私は、154cm、48kgです。こないだの入院で50行きましたけど(‥;)
43、44kgの時代がながかったのに、ここ2年でストレス過食で太ってしまいました。
 
からだが重いです。
  • 2014.10.12
  • URL
  • KIKI
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。