>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.09.19
☆こわごわお風呂に・・・
一切の降圧剤をやめて、今日はどうしても
お風呂に入って、髪を洗わねばならない・・・
昨日は、そんな日でした。

普通に若くて、若くなくても体力のある方なら
お風呂って長風呂しても、普通に入っても、
入ってきたら気持ちいい~というものが
普通なのでしょうが・・・
体力が落ちた人の場合、
お風呂は、なにげにシャワーだけでもとても疲れます。

30歳で卵巣がんで入院してたときに、術後、初めてお風呂の許可が出た時に
「こんなに疲れたことなんてなかったのに・・・」と思ったほど、
入ってきたあとに、ベッドに横になってフラフラになってたことがありました。

治療中で、お風呂で体調を崩し、私の入院したばかりのとなりの若い既婚者の
新婚さんの方が、お風呂に中で倒れて、個室に移された騒動も見ました。

食べれる量が半分になったのと、動ける運動量が激減してしまった私は
心肺機能も、体力も数年前とはもう比べ物にならなくなっていて
去年の自分よりやはり落ちていて、
お風呂に入るのは、一苦労なコトになってしまいました。

お風呂って好きな香りに囲まれて、半身浴とか出来たら
本当にリラックス出来て、心身にも、持病の肩こりや冷えにも
いいのに、それがゆっくり出来ないのは
結構、ツライことです。

お風呂は血圧が上下する行為でもあるので、
脱衣所の温度差や、お風呂の浸かる温度にも
気を配らねねばなりません。

汗をかきたいのに、汗をかくほど、使ってられないし。
そんな高い温度に浸かれないというのも悲しいです。

自分がこういう身になって思い出したことがあります。
末期がんに侵されてた、85歳で亡くなった母方の京都の祖母の話です。
人間は、老齢になると表面に感じる肌の温度がにぶくなるので、
冷え性だった祖母は、ものすごい熱いお風呂に入っていました。
37だった私は、祖母のあとに入って、その温度に驚いたものでしたが、
そのあと、祖母は、夏だったこともあって、畳に横になってしばらくず~っと休んでいました。
「のぼせたのかな?」とあの時は軽い気持ちで見てたのですが・・・
そうじゃなかったんですよね。

お風呂に入って、疲れきってしまって、立ってられないほど
湯あたりのようになってしまって、横になって休んでたのです。

お風呂に浸かると、私も、最近、そんなに全然高い温度でなくて
すごいぬるいお湯でもそういうふうに、出てきたあと、
下着だけで、かなりしばらくベッドに横になって休んでからでないと
髪を乾かすこともできなくなってきました。
動悸とかそういうのではなくて、疲労感に似た感じですね。

髪を洗えたり、体を洗えたりするのは、もちろん、スッキリするのですが、
ここまでしなくちゃならなくなった自分の衰えを実感してしまうと
祖母の姿を思い出し、あの時、祖母は相当に体がきつかったんだなあとわかり
しみじみ思い出されて、悲しくなってしまいました。

普通のことが、普通にできること。

普通のテンションで普通に話せること。

普通に字が書けることや、なんの薬も飲まなくても
普通に眠たくて眠れることなど・・・

普通って本当にすごいことなんです。

重いものを持てること。
坂道をのぼれること。
何時間も歩けること。
自転車で力いっぱいこいだり、立ちこぎができること。
普通に食事が、普通の量を食べれること。
硬いフタを開けられることとか・・・

書ききれないけど、全部、すごいことなのです。

それが、今の私には全部できなくなってしまった。

でも、まだできることを大事にして生きていくしかないなと。

そうそう、なんでこんなに血圧に怖がるか?というとうちの父が亡くなる前、
まだがんになってない頃、何度も本態性高血圧で
軽い脳梗塞で倒れては、入退院を繰り返してたからなんです。
幸い、麻痺もなにも出ずに、何事もなかったかのように
退院してくるのですが、血圧の薬は飲むのを嫌がって
若いときに言われた頃から無視して飲んでなかったそうで。

それを見てるので、トラウマがあって、怖いんですね。

父のは、祖母の遺伝です。
若い頃から、高血圧だったので。

私のは、なんなのかなあ?

来週の水曜日まで、なんとか怖くて、悲しくて、恐ろしいことが起きなければ
いいのですが。。。

来週の水曜日に三田先生にまた測定しに行ってきます。

具合が悪ければ、月曜に。






スポンサーサイト

14:38  昨日の出来事 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。