>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.08.21
☆私の負け・・・
そんなことがあってから・・・
「夫とは、もう絶対にしゃべらない!」って一昨日から
頑張ってたのに、さっき、思わず、話してしまった・・・。

昨日の深夜に至っては
家出まで真剣に考えていたのに。。。
本気で、携帯も何もかもおいて、連絡を取れなくして、
新幹線に乗って
3日間くらい
京都かどこかのビジホに泊まって
完全に雲隠れしようと考えてたのに・・・
でも。。。実家には、帰るつもりは一切ありませんでした。
実家は汚染地だし、今、25日まで母と妹はイギリス旅行です。
家出は行動が一人になるけども、
それが怖くても、わたしがどんなにショックだったのかを
夫に考えてもらいたかったのです。


ところがひょんなことから
会話をしてしまうハメに。。。


私は、向精神薬を飲んでる関係で
カフェイン入りの飲み物が飲めないので
紅茶も、コーヒーもデカフェのものしか飲めないのですね。

で、先週、デカフェの紅茶が切れちゃって
注文したのですが、お盆でなかなか商品が届かず、
困っていました。

仕方ないので、
「昔、昔ながらのあの懐かしい麦をそのまま
煮出す麦茶を安全な産地のやつをどこかで見つけて
買えないのかなあ?
ミネラル麦茶(どこ産の麦が使われてるかわかんないから)とかのペットボトルでないやつを
ハッピータウンならあると思うから買ってきて。」
って夫に言ってたことがあったのです。

そしたら・・・なんと
それを夫は見事、見つけ出し、
北海道産の煮出し麦茶を見つけて買ってきてくれてて、
昨日の3時のお茶の時間に
「コーヒーが嫌だったら、それ飲む?」と聞かれて、
(私は、コーヒーより小さい頃から紅茶党なのです。)
思わず私が「え?それ、どこ産の?」って聞いたら
夫がすかさず。。。「北海道産だよ。」と
答えてくれて、「覚えててくれてたんだ~」って思ったら、
「じゃあ~それ飲む。」って答えてしまいました。

集中って人それぞれのものなので、
私の怒っていた視点と彼のポリシーが
完全に食い違ってたのが原因ですが
彼は、もともと、映像の仕事をしてたので、
映像を見るのを止められるのは、
長年の仕事の癖で、本当に嫌だったのかもしれないなって
思いました。

自転車でなんとか高島駅まで行って、
岡山駅から新幹線に乗って
京都で降りて、どっかのビジネスホテルに
潜伏して、「わたしが本当にいなくなった数日を
思い知ればいいんだ!
わたしがどこに行ったのか?わからなくて、連絡も取れなくて
生きてるか死んでるのかもわからなくなった状態で
どんなに抜けた穴が大きいのか?を思い知ればいいんだ!
そんなにDVDを見る方が大事なら、
そのDVDが、どんだけのものなのか?わかってもらおうじゃないか!」
と真剣に計画を立てて思ってたんだけど・・・


彼の私の言ったことをちゃんと覚えていてくれて
こんな小さなことを叶えてくれてたことに感動してしまい
麦茶ごときで、わたしは、完敗しました。


あまりに気軽に話しかけてきたので、「ゆあのエッセイ」を
読んだの?と聴くと、「え?再開したの?ううん、まだ読んでないけど・・・」
と意外な答え。

夕飯の準備を作る手を止めて、ノートPCに張り付く夫。

2つの記事を読み終わって、夫が私のそばにきて
頭をポンポンと叩いて、
「ごめんな。
これからは、いっぱいなんでも話すんだよ。
ちゃんと聴くから・・・」と。

自分のことをネタにされて、怒られるかなあと思ったら
こんな言葉が返ってきたので、
無事に仲直りが出来ました。

でも。。。あとひとつだけ私の中ではどうしても消えない
心配ごとがあります。

今、心で願ってることが、神様に願いが届いたら・・・

神に祈るしかない毎日です。








.

...



スポンサーサイト

00:00  昨日の出来事 comments(4) no-trackback
comment
Re: KIKIさんへ
KIKIさんも今、お辛いのですね。

理解してくださる方がいて、嬉しいです。

想い合うの度合いが違うというのは、
相手が男性の恋愛でも、親友や友達でもこんなにツライものだったのだと
今、すごく実感しています。

いや、今回の親友が私から遠ざかったのは、
一方的に、私が悪いのは、わかってることなのです。

相手の方が、歳も若いのに、とてもしっかりされてて、
とても正義感が強くて、愛情深くて、とても素敵な方だったので、
私には、思えば、釣り合いがあってなかったのかもしれません。

私は、年齢だけ食ってるのに、本当に愚かな人間なので。

KIKIさん、ご入院されたのですか?

病室、怖くないですか?

私は、昔にとても怖い想いをしたので、狂っても入院はしたくないです。

病院食、食べられますか?

食べられるだけ食べてくださいね。

KIKIさんのご回復が1日も早く治癒されるように、心からお祈りしています。

KIKIさん、本当にありがとうございます。


  • 2014.08.21
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
旦那さんと仲直り、良かったですね。

私は、ついに入院してしまいましたが、
入院中に、ゆあさんと同じような友達ショックを受け
泣きっ面に蜂状態です。

家族とも断絶、友達が唯一の心の支えだったのに、
すごく信頼して大好きだったのに、
向こうは、私のことを友達じゃなくて、知り合いレベルだと思っていて、
驚きショックを!受けました。
その子の友達のレベルは相当高いレベルを求めるらしいですけど。

最後の砦は自分自身とはいえ、
やっぱり、二人位は、死にそうな時に会いに来てくれる人が欲しいですよね。

ゆあさんは、私よりずっと、正直に生きてこられたからか
人を信頼する能力がおありだから
旦那さんや、親兄妹がいてはるんですね。

私は、人間不信がひどいから孤独なままなんです。
誰だって信じられるとうれしいし、信じることから人間関係は始まるのに

そして私は、アスペルガーも入ってるから
余計自閉傾向があります。

ゆあさんの旦那さん、的確なことアドバイスしてはりましたよね?
親友だった人に対しての気持ちの整理について。
あれが全てだと思います。

落ち込む気持ち、すごく分かります。
辛い時だから余計ですよね。



  • 2014.08.21
  • URL
  • KIKI
  • [ 編集]
Re: はいはいはい…
>ゆうきさんへ

いやいや、ノロケのつもりで書いたわけじゃないのですが・・・笑

でも、これはまだ序の口の問題で、
私の心には親友を失ったことの心の大きな穴があって、
それが、脳裏からいくら経っても離れずに・・・
また食欲不振、不眠の逆戻りになってます。

もう、仕方のないことで、自分がいけないので、諦めねばならないとわかってるのに。

この事には、夫の力は残念ながら、助けにはなりませんね。

自分の記憶が薄れていくのを自然に待たないと。

ツライことほど、忘れるのに、時間ってかかるのだということを
今、すごく噛み締めています。




  • 2014.08.21
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
はいはいはい…
ど・どうも…ごちそうさまでしたぁぁ〜〜( *`ω´)/
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。