>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.07.11
ある新聞の読者の「声」の欄から・・・
まず、この「声」の欄の、一女子高生の投稿を読んでみてください。

10500260_662636467149569_13675354682483668_n.jpg

私のfacebookでもシェアさせて頂き、拡散しましたが、
このブログでもひとりでも多くの方に読んで
「集団的自衛権」の本質というものを
真剣に感じてもらいたいと思って、私のこれを読んだ感想をここに書きます。



これは、子供達だけの問題ではないでしょう。
職のない若者から上限の年齢制限はいくつまでになるか?
はまだわかりませんが、職のない人たちから徴兵されていく未来になるでしょう。
戦争によって、自衛隊に入っていた人たちは集団的自衛権によって、
他国の銃やミサイルに倒れ、次々に殺され、
自衛隊を自主的に辞めていく人もきっと大勢出てくるでしょう。

そうなると、徴兵せざるえなくなります。
今のふくいちがもってるのは、各地のホームレスの方々が暴力団などが
かき集められいるので、なんとか綱渡りをしています。

今の政権の政治家は誰ひとり戦地などには赴かない。
決定してる側の人間は戦地には誰ひとり、行かないのです。
またお金持ちは優遇され、兵役は免れることが出来るでしょうが、
実際の今の日本の99%はそんな兵役を免れるほどのお金持ちはいません。

こんな若い高校生でも来たる未来がこんなにハッキリと見えているのに、
大人は何をしてるのでしょうか?
デモをしても何も変わらない。
一理あります。
でも、今の原発が1基も動いていないのは、今までの民意の
デモが効いてるからです。
(しかし、川内原発から動かされようと今、まさにしていますが)

国会の政治家はイエスマンをするために、そこに座って存在してるのか?!
ご存知でしたか?
前の安倍政権の時にも集団的自衛権の案件は出されていたのです。
しかし、それを当時の野党や同じ自民からも多くの反発が出て
立ち消えになったのです。

なのに、多くの今の自民は同意し、公明も同意、
野党は、過半数もいかないので、衆参両院のねじれもなく
国会審議もないまま、閣議決定という方法で通されてしまいました。

まだ、未婚でお子様をお持ちでない方も大勢おられるでしょう。
今、小さなお子様や小中高生のお子様をお持ちの方もおられるでしょう。
これは、他人事ですか?

安倍が説明したことを今も信じていますか?
ふくいちはアンダーコントロールされてるとオリンピック招致に世界に
大嘘をついた首相の言葉を信じられるのですか?

私は、あの10分足らずの皆さん、安心してくださいの記者会見に
吐き気がしました。

私達夫婦には子供はいませんが、これは未来の日本に
日本が未来にもあるかどうかにも関わるすごく大事なことだと思っています。

こんな小さな国土に54基も原発がある国を滅ぼすのは簡単なことです。
銀座や新宿や渋谷のあちこちで、テロが起きるような国になってもおかしくないのです。
この集団的自衛権というのは。

アメリカの護衛をするということはそういうことです。

日米合同演習に出てる自衛官だって、本物の殺し合いは見たことも
やったこともないのです。
どれだけの人がトラウマになって帰国するのでしょうか?
アメリカの軍人の戦地に派兵された多くの軍人が
PTSDになって帰ってきてる事実をご存知ですか?

政治に関心を持ってこなかった私たちが、この人たちを選んでしまったのです。
これを止めるのは、本気でこの今の政権をひっくり返そうという民意の元、
新しい志をもった既成政党でない人が大勢立候補して、投票率が上がり、
覆してくれないともう止まりません。

指をくわえたまま、あなたは、日本の地獄の未来を見てられますか?


スポンサーサイト

15:23  集団的自衛権について comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。