>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.05.30
☆『吉田調書』読みましたか?・・・
朝日デジタルで公開されている部分の『吉田調書』
皆さん、読まれましたでしょうか?

これは、今の政府は隠しておきたかった文書です。
が、誰かが、リークをして出てきた。

隠蔽されてはならない文書です。

全文が読めなくても、事実は誰もが推測出来ますよね。

ふくいちは、まだまだ、収束などしていません。
格納容器の腐食も昨日の東電会見で明らかになり。。。
この腐食という事態にこれからどう向き合っていくのか?
私は恐れおののいています。

海水を入れて冷やしていれば、腐食が進むのは
海岸に近くに住んでる方ならその脆さは
ご存知だと思います。

もし、腐食部分から今、注水してる水が格納容器の腐食部分の穴から
吹いて出てきたら、今、デプリになったメルトスルーした核燃料に水がいきわたらなくなり、
再臨界を起こすことが予想されます。

あれから3年はたってますが、そうなった時に、何が起こるのか?
私たちは、まだ綱渡りの上を渡ってる最中です。

何もしらない方がいい。

なぜなら、そうなったとき、人が近寄れるような状態にはなれなくなるから。
どう、これを乗り切るのか?
誰が腐食部分の改善をするのか?
今でも近寄れないのに。

安全と言ってる安倍首相に、行ってなんとか修理してもらいたいものですよね。
推進派の人も、20msvまで安全とか言ってる方々にも
現地に行って、安全ならなんとかしてきてもらいたい。

そういうことを言ってる人たちこそ、本当のことを知ってるので、
行かない。
戦争もそうです。
指導者は、戦地には絶対に赴かない。

犠牲になるのは、私たちの生活や家族です。

長いこと、安全神話にだまされてきて、しまった。
安全にきてたから。普通に汚染されてないものを長年食べ続けてこられた2011年の3月11日まで。

今は、一億総被曝。
気をつけないとあなたも、汚染された食品を食べさせられてることがあるのです。

食べたい人は食べればいい。
でも、食べたくない人を責めないで欲しい。
被曝してまでそこに居たい人はいればいい。
嫌な人は、逃げればいい。

もう、3年も経ったんです。
説得とかする時期って終わりましたよね。

今、ある危機をこの身にちゃんとヒシヒシと感じて
生きてるのか?
ってことです。

騙されちゃってますよね。
多くの国民が。
ちゃんと報道されないから。
他国のことのように。

食品も調べないし、水産物も加工品もちゃんと調べないし。。。

買う側も、選びようがない。
情報がないんだもの。

だから、食べない選択をするしかない。
魚、海産物。
産地によって。

それも、各人の自由です。

私は、します。
内部被曝の恐ろしさは、なにもガンだけじゃないことを知ってるから。

ホットスポットは斑状にあって、どこでも線量計で調べたら1マイクロ超えるところなんて
都内でも横浜でもすぐに見つかります。

危険は、何も柏や三郷や流山や葛飾だけあるわけじゃない。

見えないから。
誰も調べてくれて、載せてくれないから。
それでも、調べてYou Tubeに載せてくれてる人達はいますよ。

集めようと思えば、自分が自分を守ろうと思えば
事故当時じゃないんだし、線量計だって高額な値段はしません。

ああ・・・何がいいたいんだろう。

そう、がんになって10年経つまでのあの命と死が真横にあって、
ドキドキがいつもあった時代に戻った感じに似ています。

再臨界になったら。。。岡山もどうなるんだろう?
どこまでどう今度は汚染が広がるんだろう?
冷やせなくなった事態になったことを官邸はきっと隠すだろう。
パニックを防ぐために、また大勢の人を被爆に晒すのだろう。

特定秘密保護法案は、こういう時のために作られたのです。

吉田調書です。

http://www.asahi.com/special/yoshida_report/

PCからの方が読みやすいと思います。

こういう事実も知らない人が、まだ大勢いると思います。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/46e9149aa9edc5f8ce3b4e135615f564
スポンサーサイト

16:58  原発・放射能情報 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。