>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.05.12
☆今日の岡山は、雨です・・・
沖縄は、もう梅雨入りしていますが・・・

今日の岡山は久しぶりに雨が降っています。

原発事故がある前は、低気圧が近づいて、雨が降る前日は、体がだるくて、だるくて
すっごく体調がいつも悪くなっていたのですが、事故後は
放射能の方が更に怖くて、うつのストレスが被曝の恐怖に全部、行ってしまい
1度、がんになってて、定期検診で10年間CT被曝をしてる私には
柏のひどい汚染の外部被曝、内部被曝が怖くて怖くて、
まだ価格が高いうちに、必死にガイガーカウンター(SOEKS-M01)を買い求め、
自分の家のマンション前や自転車置き場を測定していました。


柏・松戸・流山・三郷・江戸川区など。。。ひどく汚染されてしまったところだったので
(特に、私の住んでた根戸は、新聞の地方版でも報道されましたが。
根戸のここは、家から歩いていけるほどの近所で、見つかった当初は
マスコミが来て、ものすごく凄かったです。

http://happyenergy.blogism.jp/archives/2100576.html

そして、その見つかった土の汚染があまりにひどく
廃棄する場所も業者もしばらく見つからず、かなり長期に
そこにビニールシートをかぶせてあるだけで、
人を通行止めにしただけで、どうなることか?といつも
車で買い物に行くたびにそこの道路が見えるたびに
震えていました。


外に出れば、風が強い日は、常に0.2~0.3μsvはあり、自転車置き場のコケの生えてる
アスファルトにおいては、常にそこは0.5μsvありました。
コケには、放射能を吸ってしまう習性があるので、駐車場もそんな感じだったと思います。


常にマスクを欠かせず、スーパーに置いてあるものは、東日本さんのものばかり。
1年ほどたつと、やはりチダイズムなどを読んでるお母さんたちが
大型スーパーに多少高くてもいいので、西日本産の野菜などを置いてくれという
アンケートが増えたためでしょう。
西日本産の野菜もわずかながら並び始めてはいました。


でも、お肉とかは、わからないじゃないですか。
国内産と書いてあるだけでは・・・。


なので、出来るだけ産地が書いてあるお肉を買い求め、事故後・・・汚染水がダダ漏れになってるのは
知っていたので、事故後から、うちは魚を食べることはほとんどなくなりました。
夫が大のうなぎ好きで、柏にすごく美味しいうなぎ屋さんがあって、
どうしても食べたいというので、数回付き合いましたが、
味は変わらないので、被曝ってわからないですよね。


でも、確実に被曝したことだけは確かだと思います。
今も、口角炎がなかなか治らないし、不眠は多少よくなって
お薬が減り、種類も軽いものになりましたが、
地震の度重なる恐怖もあったし、
常にひとりでいるストレスからは、ずっと逃れられず・・・
TVもくだらない番組しかやってないし、
情報収集にTwitterやfacebookは、私には欠かせないものになっていきました。


新聞も東京新聞に変え、被爆に関しては、本当に常にアンテナを張り巡らせて
日々、針のむしろに居た気がします。


事故後の2ヶ月後には、怖くて大阪では自主避難移住者に空家を
無償提供してる情報を聴き、単身で高槻に住もうと思い、申込もうとしましたが、
家族の大反対にあい、それもダメに。


夫はそれから、移住に向けて、早期リタイアを考え始めてくれて
移住に2年を要し、去年の5月の9日にこの岡山に越してきたのです。


実母と妹を鎌ケ谷に置いてきたことは、今でも心配ですし、越してくるまで
ずっと私達だけ逃げる罪悪感にさいなまれていました。
でも、被爆・・・特に内部被曝に理解をしない家族に
何を伝えてもダメで、血縁であればあるほど・・・
理解されるのは難しいのだと絶望しました。


今はなんともなくても、突然に何か起こることはわかりません。


それは、誰にでもそうだけども・・・
出来れば、無用な被曝は避けて欲しいし、知ってて食べるか食べないかを
選択して欲しい。
そう思うのですが・・・


もう、3年も経って同じなので、無理だなと。


私は自分が生きてるうちに誰かを失い、見送ることだけは絶対に嫌なので、
一番先に、逝きたいのですが・・・
その願いが叶うかどうか?は神様のみが知ること。
体力が今、一番ないのは、私なので順番的には私だと思うのですが
番狂わせがあったら、私の精神はもうもちません。


何もしらないうちに54基も原発が出来てしまい、
でも、知らないでいて、外部被曝&内部被曝してない環境があったことは
とても幸せだったので、時々、むやみに事故前の昔に戻りたい
あのまま何も起きてなければ、今でも手賀沼にサイクリングに行けるだけの
体力が残っていただろうに。。。と思うと、とても悲しいです。


移住して、退職金で暮らしていかねばならなくなったので、
生活が苦しくなったのもあります。


夫は仕事から解放されて、日々、笑って生活していますが
相変わらず、私は声を出して笑うことが出来ません。


被曝のPTSDは、がん治療のPTSDは、本当に怖いのです。

恐れるものがなにもないところに行きたい。
何も心配ないところに行きたい。

そこが、天国であるなら、父が早く迎えにきてくれたらいいのに・・・と
夜、眠りにつくときに、毎度思います。


事故前に亡くなった人たちが、羨ましくなることってないですか?

私には、あります。

2020年に東京オリンピックが本当に出来ると思ってるのでしょうか?

その時の東京の線量がどうなってるのか?
考えたことがないのでしょうか?

今でも、1日に2億4千万ベクレルがふくいちから放出され続け、それは
消えることはないのに。


そう、放射能は移動することはあっても、消えることはないのです。


スポンサーサイト

15:21  今日の出来事 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。