>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.04.28
☆三田先生の言葉・・・
金曜日に三田医院に訪れた際に、三田先生から
いろんな言葉をいただきました。


フツーの言葉なのだけど・・・
移住者で、してきてしまった被曝とか
日常の食べ物とか、過去にがんを体験した上に被曝してしまった人たちには、
このなにげないかけてくださった言葉が、ジワジワ胸にせまってきて
私はその言葉をかけられた瞬間に、涙ぐんでしまいました。


「移住してきた者同士」ってかけて下さった言葉。

岡山の先生とか被爆の話とかわかってくださってないので、
ツライんです。

ってポロっと私が言った時に・・・「仲良くしていこうよ」みたいに
かけて下さった言葉。


「ここまで来たんだもの。
心もカラダも、もうそろそろリラックスさせてあげていいんじゃない?」

これも三田先生が、かけて下さった言葉。
リラックスしてるつもりでも、置いてきちゃった実家の妹や母を
1日も忘れたことはないし、忘れたくても忘れられないし・・・
地産地消で、なるべく岡山産や九州産の食べ物を
買って、料理して食べてるけど・・・
時に、偽装印刷だったら?とか頭に浮かぶことも・・・


自然放射能は、明らかに関東よりすごく岡山は高いので、
その心配もしてたら、
「岡山も高知とかも色々、行ったけど、どちらも高かったよ。
赤土で覆われてる関東ロームじゃない西はこれが普通なんじゃない?
自然放射能だから、明らかにセシウムとかβ線とかと違うんだし、
そんなに神経質にならなくてもいいと思うんだよね。
こういうのって明らかに内部被曝とかと違うし・・・。」って。
これも三田先生から頂いた言葉。


要は、岡山にいた時代もこの放射能の値を普通に浴びて生活してたわけだし。
確かにそう。


百間川の河原の芝生や、ベンチに普通に座れること・・・
歩けること
マスクなしでいい生活。


北柏ではあり得なかったもんね。


見えないけど、落ちてる、吸ってるセシウム。
味は変わらないけど、セシウムが含まれてる流通してる食品。


風が吹いてきたら、それだけでも怖かった。
それだけで線量が上がった。
北柏では。


事故前、暑くてグロッキーになってると、決まってどこからか
涼しい風が吹いてきた。
「あ・・・パパの風だ。」
私は、事故前までそう思うようにしてた。
「千の風になって」じゃないけど
いつも、自分がダメになりそうな時に、
不思議なタイミングで吹いてくる心地のいい風に
父から守られてる感じを感じてたから。


その風がいつしか、放射能が混じった怖い風に変身して
外に出られなくなった。


先日、百間川で散歩してて、久しぶりに、パパの風を感じた。


「三田先生の言葉の通り、もう、リラックスしてごらんよ」
初夏を思わせる日差しの夕焼けの中の散歩で
パパの風は、そう囁きながら吹いてきた。


ように感じて、ひとりで涙目になってた。


「パパ。。。」


大声で泣きたかったけど、泣けなくなってる自分には
ちょっぴり涙ぐむしか出来なかった。


事故前に戻りたいよね。


無理な話だって知ってるけど・・・


いや、事故が起きたから原発がこんな狭い日本に54期も稼働されてたって知れたわけで。
それを今も止めてられてるわけで。


鹿児島2区。
負けちゃったね。


川内原発で事故が起きないことを、もう祈るしかないみたいな・・・
どんなに反対しても、きっとこれでなし崩し的に再稼動させてくつもりだろうから。
自民党。


人間ってさ。
同じ境遇になって、怖さや痛みを感じないとわからないのね。
自分の土地では、絶対にそんなことにはならないとか思えちゃうのね。


でないと、賛成派にあんなに票は入らないだろうし・・・
自分の仕事とかが、入らなくなる方が、当然 死活問題だもんね。


でもさ、火山があって、3本の活断層が見つかってて、
よくもそんなところに原発建てたよねってところにあるの。
もし、川内でも、玄海でも、事故れば日本終了だから。


逃げ場はもうない日本にする人たちが、よくわかんない。

ここだけの食の安全は守らねばっていうところの畜産農家とか
お米とか。
TPPでそれも崩そうとしてるし。


リラックスできる環境に来ても、周りは、戦争できる国しようとしてる人ばかり
選挙で勝っていくよ。


海外に逃げ場がある人はいいよね。

パニック障害、治らないわけだ。。。










スポンサーサイト

21:07  感動したこと comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。