>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.02.04
☆TEAM脱被爆・・・
西日本に来て、思うことは・・・福島の事故とか今もふくいちから毎時1000万ベクレルの放射能が
ダダ漏れ中で、海へも、ダダ漏れ中なのに、西日本産の野菜とか事故現場から遠いからなのか?
内部被爆とかを全然気にしてない人が、すっごくいること。


小さな子供さんがいるご家庭だけの問題じゃないと思うんですね。
私のように、婦人科病で、卵巣や子宮がとられて、子供が産めない人だけの問題ではなくて、
むしろ、これからお子さんを産む若い方々の影響の子々孫々まで影響が出る問題であって
それをTwitterとか本とかチェルノブイリでの文献や今なお、旧ソ連の汚染地で
今もなお現在進行形で後遺症や奇形児の出生率の高さとか死産とか他のいろんな症状や
病気に苦しんでる人が沢山いることも知らない方が、い~っぱいいるわけです。


西日本に移住してきて、確かに食の安全は比較的、精神的に安堵できる感じにはなりましたが、
国産とだけしか書いてないお肉、私は実はすごく怖いです。
どこの産地の肉を混ぜてても、見た目じゃ・・・まずわからないし、
食べてすぐ影響が出るものではないから。


スーパーの印字も岡山産とか書いてても、スーパーの印字なんていくらでも
偽装は出来ちゃうわけで。
うちは、それを少しでも防ぐために、近所の自転車で行けるスーパーでなくて
なるべく地産地消に努めている岡山産のものや四国産のものがいっぱい置いてる
岡山COOPで買い物をしてるんですが、
それでも、疑いの目で見てしまうことが多々あります。
疑えばキリがない。
でも、お米でもブレンドされてるものがいくらでもスーパーで売ってるとか
イオ○やコンビシは食べて応援なんだとか・・・
知ってしまった事実は消せないし、心底、怖いものは怖い。
子供がいなくても、旦那にも汚染されてるものは1ベクレルでも食べてほしくないし、
自分も食べたくはない。
もちろん、お米は、岡山の岡山産の朝日米を買ってます。
「岡山の朝日っておコメは美味しいよ~」と移住前に、北柏での心療内科の先生が
教えてくれたこともあって、買って食べてみたら、本当に美味しい。
多分・・・コシヒカリとかよりも、美味しいかもしれない。
野菜も、本当は近くで作ってる無農薬農家からとか買えたら一番いいし、
肉も、お肉屋さんがあったら、安心なんだけど、お肉屋さんって今は本当にないですよね。
パックに詰めて売られてるものばかりで。


学校給食とか病院で出されてる病院食とかも、経費がかからないことを一番に考えてるので、
基準は、やっぱり、100ベクレル以下のものの食材で作られてるわけで、
お子さんがいる方々が学校給食も心配されるのって当たり前だと思うんですね。
学校給食も検査しましょうと言ってる都知事選の候補者で、宇都宮さんだけって
皆さん、ご存知でしたか>



誰だって、汚染されてるものをたべたくない。。。
そうじゃないですか?
それ・・・当たり前の心情じゃないですか?
学校給食を食べさせたくないから、お弁当をもたせてる親御さんが頭がおかしいのではなくて
国がおかしいんですよ。
毎日食べるものって被爆は、累積されていくのだから、怖いのは当然でしょう。
都内の子供の尿にもセシウムが検出されてること。。。
どれくらいの方がご存知なのでしょうか?
調べてないだけで、岡山の子供からだって出るかもしれない。
どこの県の子供からだって、検出されるかもしれない。


食べて応援って言ってる方がオカシイ!
間違ってる!って、いう私がオカシクて間違いなのでしょうか?


「へんなの。そんなの気にしてたら、何にも食べれないじゃん!」っていうのが
うちの実家です。
空間線量も、産地も、ほとんど気にせずに買って食べて、確かに今はすごく彼女たち
元気です。
でも、いつ何が起こるか?なんて誰もわかりません。


怖いって言って、一体、何が悪いのか?
恐ろしいって思って、何がいけないのか?


福島医大に小児科腫瘍科(小児ガン科)が出来る話を聞きました。
それって、確実に隠してるけれど、発症してる子供が増えてるから、増えるから
増設されるわけですよね。
笑ってれば、放射能は寄ってこないと言った院長の言葉
私は忘れません。


被害者の移住民は、全国に散らばって移住しています。
どこで、被爆した子供が発症するか?なんてもう、福島だけに限定は出来ないし、
100ベクレル以下の食品がバンバン流通してる今、どこでどれだけ
未来に、子供に子供が大人になった時に、何か起こるかも
わからないわけです。


絶対数はそりゃあ、福島県に住んでる方が多くなるでしょうが、
どこで、何人、何かを発症するか?わからなくしたのは、今の政府の
100ベクレル以下の食べ物を全国に流通させたせいです。


怖いものは、怖い・・・そう言ってはいけない雰囲気こそ
おかしくないですか?


放射能の「ほ」の字で隱語話さねばならない地域。
おかしくないですか?


心の不安、恐怖・・・言えない地域、おかしくないですか?


私は、心で寄り添え合えるチームがあったらなあって強く思います。
TEAM脱被爆。
昔のガラケーのフレームにこんなのがあって、
怖くて、真実が本当に知りたい者同士が、真のTEAMが組めたらいいなあって思いました。
独身、既婚、子持ち、子供がいない夫婦、垣根がない人たちで
脱被爆を自由に言い合える、心で結び合えているTEAMがあったらいいなって。


これは、雑誌「TIME」をもじったフレームなんですけど
心で結ばれてるTEAMがあればいいなあって
あなたも思いませんか?


このTEAMに代表なんていなくていい。
誰もが同じ不安を持ってるんだから。
本当の代表は、この100ベクレルの基準をか不義理なく
現実的に0に近づけてくれる人が代表です。
そういう意味では、都知事選でいうと、学校給食も調べて出すと言ってる
宇都宮さんみたいな人が神都知事になって欲しいし、
国会に、太郎さんみたいな人がいっぱいいてくれたらいいのになあと
願うのは、間違ってるでしょうか?
今の野党の方々が、本気で脱被爆の声をあげてくれたらいいのに・・・と
願うのは、間違いで、私たちから与党をひっくり返さねばいけないというのは
わかってるんですけど。
日々が怖くて、心配で仕方ない人たちは、待っていられず
実はいっぱいいると思うんですよね。



心で繋がってるTEAM脱被爆。
自分の努力だけでは、追いつかない脱被爆。

1798775_477789268994152_1929358774_n.jpg

別に、このTEAMのフレームを見ていただきたかっただけで、
何も私の顔でなくて、良かったんですけど。
FBにたまたま、このフレーム、面白かったんで、載せてたのを思いだし、
TEAM脱被爆ってあったらなあ~って心底、思ったのです。


「TEAM がんになっても、(私は治って21年目)
ここでちゃんと生きてるよ♫」でも良かったと言えば
昔は良かったんですけど。
(それなら、私のこの写真で違和感ないとは思いますが。)
それは、もう原発事故前の話です。
悲しいかな・・・。



どんな写真だったら、いいかなあ?
TEAM脱被爆。








スポンサーサイト

00:23  とっても強く思うこと comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。