>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2014.01.13
☆ちだいさん著の「食べる?」・・・
ご存知の方は、もう既にお手元にあるかと思うし、
まだご存じない方は、ぜひ、一家に一冊必要だと思う本。


汚染水が事故後から、ダダ漏れで、その汚染水の数値がもう天文学的数値で
ま~ったくよくわからないことになってるふくいち。
本当に、日本の魚介類は怖い。
私は、事故後からずっと思っていましたが、汚染水の報道の最悪な数字が更新するにつけ・・・
日本の漁業はもう、命が断たれたなと思ってしまうのです。


だって、出来れば1ベクレルも口にしたくないんだもん。


ええ~?!数ベクレルくらいは平気じゃないの?
って思う方は、ご自由に食べて頂ければいいんですけど。
私は、外部被曝も怖いですが、内部被曝の方が、もっと数倍怖いことを知ってるので、
買い物にもすんごい産地に気をつけて、買い物をします。
だから、岡山に移住したのだと言っても過言ではないです。
東日本にいると、OKストアがあちこちにあるわけじゃないし、
コンビニは、どこも食べて応援だし、イオンもそうだし・・・
レタスや葉物、いろんな食べ物がほとんど、東日本産しか手に入らないし
ちだいさんのブログを読みながら、どれだけスーパーで西日本産の野菜や肉を
探し回ったか・・・


確かにうちには、子供はいないし、夫も50を超えてるし、
被爆に非常に注意しないといけない年齢でもないけど、
何か、あってからでは遅いですよね。


うちは、本当に夫に先立たれたら、私は飢え死にしかないので
本当に困るのです。


うちの話はどうでもいいですけど・・・
この「食べる?」。
既に発売日に、予約をすごい前から入れておいたので、
もう私の下にはあるのですが・・・
これは、絶対に料理を作る人は持っていた方がいいと思うんです。


値段のわりに、すごい情報量だし、大きいし、それでいて軽い。
エコバックにも入る大きさと軽さを考えて装丁や大きさも考察して
ちだいさんは、決めたそうなんです。


amazon先生でも、今、トータル売上6位なので、入荷待ちになってるようなのですが、
待ってでも買う価値のある本だと思います。


岡山の大きなどっかの本屋さんに、ちだいさん・・・サイン&ツーショット撮影会に来て欲しいなあ。
そしたら、もう1冊買うのに。


内部被爆・・・皆様、くれぐれも侮られませんよう。



内部被曝は、消えません。
被曝は、累積です。
足し算です。
今は、なんともなくても、あなたにもし、出なくても
子や孫に影響が出てくる。
そう、チェルノブイリでもう、結果が出てることなんです。


独身の若い女性の方々に、本当にこの本、買って読んで欲しいと思うのです。

お子さんを持つお母様がたにも。

がん罹患体験のある方々にも。

いや、本当は安全廚である方こそ、読んで欲しいのですが。

スポンサーサイト

00:25  放射能・放射線情報 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。