>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.11.05
☆願いがドンドン叶っていく岡山・・・
昨日は、岡山医師会主催で小出先生の講演会が、天満屋のすぐ近くのビルであったので、
夫と二人で参加して来ました。
場所は、福武ジョリーという場所の4階のある一室でした。
これが、参加費無料でしてね。
もう、自主避難移住民には、嬉しい限りのこと。
リビング岡山に載ってて知ったので、行ったのですが、
思ってたより、すごい人が来てビックリしちゃいました。


しかし、岡山に来てから、本当に願えば叶うってことが次々に叶っていってるので、本当に驚きます。


宝塚も見れたし、山本太郎さんや、横川圭希さんとも逢えて、
一緒に写真を撮ってもらえたり、すぐ目の前でサインまでもらえたり、
4日もあんなにツイキャスやユーストでしか見れなかった、
京大のあの小出先生が目の前にいたのだもの。


講演終了後に、著書にサインもして頂けたし、握手もしてもらったし、
「北柏から自主避難してきましたって夫と一緒に言ったら、
先生から「よく、決心なさいましたね。努力されましたね。」って言って頂けて
泣きそうになっちゃっいました。(涙)


2013.10.16 013


今日の演目の本に、サインしていただきました。
『この国は原発事故から 何を学んだのか?』

2013.10.16 015

夢だったことが叶う瞬間って感無量ですね。


でも、今日の会場もなぜか?クーラーがすっごく効いてて、またまたすごく寒かったのです。
「マフラー、ひざ掛けもってくれば良かった!!」と思ったくらい。
革ジャンでなくて、「厚手のユニクロのフリース着てくれば良かった~涙」と思ったくらいだったのです。
帰りには体中、冷えきっちゃったんだもの。
暑がりの夫が、「寒かったねえ~」って帰りに言ってたくらいで。


帰りに体中、すみずみまで冷えちゃって、あまりに寒いので、
温かいドリアを食べて帰ってきました。

2013.11.04make 001

今日のメイクは、ナチュラルメイク、つけまなしです。
メイクの内容は、BBクリームと、眉尻をアイブローでちょっとつけ描いて、
その上にアイライナーと、メイベリンのボリュームマスカラをほんの2~3回マスカラ塗って、
おしまい。
なんと、ビューラーもなしです。

でも、やっと胃もたれも治ってきて、笑顔が復活しました。
食欲もね。
あ~、長い絶不調の3週間だったなあ~。
(´;ω;`)

2013.11.04make 003

おかげで、先月のカラーリングに行けずじまいでおります。
しかし、この3週間で44kg体重、切ったんですよ。
43kg台なんて・・・(私は、身長は158cmです。)
こわすぎな体重。
食べれる量が、少なかったからです。
でも、体重はこんなに減ったのに、足は、そんなに細くなってないの。
ヽ(´Д`;)ノ


でも、内科でこの間、測定したら、白血球も、リンパ球の数値もいい感じだったし、
どこも異常は、血液検査しても見つからなかったし、ピロリ菌もいなかったのです。


そうそう、睡眠薬が、減らせて睡眠導入剤だけになれたのです。
それもマイスリー5mgを半分だけまでになったのです。
抗うつ剤のレスリンっていうのが、眠くなるので、睡眠薬がいらなくなったのです。


今年の1月から飲んでた強いドラールという睡眠薬が減らせ、
サイレースという睡眠薬も飲まずに眠れるまでになりました。
1年以内に、2つの睡眠薬がいらなくなれたって本当に嬉しいです。

どんなに移住によって、精神が安定してきたのか?が、如実にわかります。

経済的には、移住して苦しくなったけれど、精神的な安堵とか
食の安全とか、家事からの解放とか・・・
自分の広い部屋を持てたとか・・・
ずっと逢いたかった憧れの方々に逢えたとか
これは、みんな柏に住んでたら、絶対に得られなかったこと。


失ったものも確かにあったし、妹の顔や母の顔にいつも逢えないのは
確かに哀しいけども・・・
時々スカイプや、メールは毎日してるし、
彼女たちも楽しげに、健康そうにしてるので、やや安心しています。


危険って、危険だとどんなに伝えても、血が繋がっていても、理解されないことってあるんですよね。
移住って誰にも出来ることじゃないし。
あの家(実家)を手放して、引っ越すってどれだけ大変か?
あのモノにあふれた想い出いっぱいの家を手放すのは、出来ないのは理解できます。
あの家、戸建なので、すんごい寒いんですけど・・・笑
妹の仕事はどうするか?とか、やっぱり、ありますもんね。


大体、彼女らは、食の危険に危機を感じてないので、意見の一致を見いだせないのです。
確かに、都会でしか手に入らないものもいっぱいある。
妹は、あっちに大学時代の友達もいっぱいいるし、
私は、友達っていなかったので、皆無に近いので、離れやすかったけども、
ライブやイベントとか、都会でしか見れないものもいっぱいあるし。
都会でしか買えないものも、あるもんね。
私は、もう流行りのファッションとか、ブランドとかそういうのは、働く身ではないので、
全くいらないけど。
働いてれば、そういうわけにもいかないもんね。
ここは、電車は地下鉄みたいに、縦横無尽にはないし・・・
移動は、車でないと、やはり不便だし。
なので、私は免許を持ってないので、移動は夫が唯一の頼りです。
命綱とも言っていい。
妹は、ペーパードライバーだし、母も免許は持ってないので、
ここで、暮らすのは、無理だなあ。
岡山なら、もっと岡電が通ってる界隈でないとねえ。
そこらへんは、中古でも結構、いいお値段です。


危機とか危険とか、そういう人たちには、差し迫ならないと、絶対にできない。
災害に実際に遭って、避難勧告とか出ない限り・・・
それでも、彼女たちは逃げないかも。。。です。


そうそう、小出先生が最後に
「もし、4号機プールが崩壊しても、今は2年7ヶ月経ってて、崩壊熱もかなり減ってるので、
逃げるまでに猶予は大体、1週間はあります。」って言ってました。
崩壊しても、「すぐに逃げなくては!」とパニックになって、
どっかに逃げなくてもいいそうです。


逃げられる方は、そりゃあ早いに越したことないですけども。

でも、日本国民、全員が逃げられるはずもなく。
東日本のお住まいの方々の逃げられる方が、逃げるしか結局は手がないのですよね。
4号機が倒壊しても、逃げろとは国がいうわけないと思うし。。。


ですが・・・
自分でどんなに安くてもいいので、ガイガーカウンターだけは最低、1台は持ってることを
私もおすすめします。
原発事故すぐから比べたら、ガイガーカウンターもかなりやすく手に入るようになりましたからね。

出来れば、ガイガー式でなく、シンチレーション型がお薦めですが、
シンチレーションは、価格が高いので、SOEKSあたりか?RADEXあたりが、いいのでは?と思います。
セシウムだけであれば、エステーのガイガーなら、5000円台でamazonとかで入手出来ますよ。

SOEKSは、ガンマ線だけでなく、ベータ線も測定します。
が、校生計算が必要なので、(そのままの数値だと高めに出ます)面倒な方は、
予算にちょっと余裕がある方は、RADEXの方がいいかもです。








スポンサーサイト

13:49  願いは叶う comments(2) no-trackback
comment
Re: 桜子さんへ
> 桜子さんへ

コメントありがとうございます。

桜子さんも避難移住者なんですね。

私たちには子供はおりませんでしたが、私が昔、がんを患い、それ以降、精密検査の10年間、かなりのCT被曝がある身なので、無用のそれ以上の内部被曝、外部被曝が怖くて、怖くて、事故当初にひとりでも大阪に家を無償で借りれると聴いて、単身で逃げる話まで考えたのですが、家族中に反対され・・・その本気度と、被曝の怖さについて夫は理解してくれたお陰で、夫の早期リタイアという形をとることで、2年を要しましたが移住にこぎつけました。

なので、今は、家に主婦と主夫が二人いて、力仕事とか好きなことを二人で折半してやっています。

夫も仕事のストレスがなくなり、日々、嬉しそうです。

私が、努力はしてないですね。
夫がすごい頑張ってくれました。
この移住は、夫の親族には、移住とは言わず、転勤と言っています。

理解されないからです。
夫は、その苦しみを一言も言わないけれど、、、それでいいのだと開き直ってますね。

私一人だったら、何もできないで、未だ北柏にいてもがき苦しむ日々であったと思います。

桜子さん・・・互いに慣れない土地ですが、頑張って生きましょうね。



  • 2013.11.05
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
ゆあさんが頑張って、そして決断力があるから運命もよくなっていくのではないでしょうか?!

お互い柏から脱出して
失ったものもありますが
前向きに楽しく生きていきましょう!
  • 2013.11.05
  • URL
  • 桜子
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。