>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.09.10
☆過去の呪縛からの脱却・・・
ゆあのHPの目次の中でゆあのチャレンジ人生の中で、私が大学時代に大恋愛してた人の子供を
宿し、在学中だったために、親にも話せず、望んでいない妊娠だった時期のこともあり、
21の時に、私は子供を3ヶ月で堕胎しました。


その彼は、結婚を前提に結納寸前まで5年間、お付き合いをした
文字通り、本当に命を懸けて愛していた人でした。


でも、彼は25で勤めていたスーパーを辞めたあとから、プー太郎となり、
就職活動資金と偽り、私にお金を借りて、そのお金で
他の女の子をナンパし、色んな子と寝ては遊んでいました。
そして、その中に高校を卒業したばかりで、親の生活を助ける為に大学を諦めて
就職した19歳の女の子に彼は、いつしか本気になってしまっていました。
それを知ってしまった私は絶望の淵に落とされ、婚約を破棄。


ただ、子供を堕胎した罪と彼を失った失恋の重さに生きてる中で
耐えきれなくなって、自殺未遂をしてしまいました。

結婚したら、共働きして、同じ仕事のシフトで平日に休める横浜の不動産仲介会社にいたのですが
(鎌ヶ谷の実家から横浜まで当時、1時間半をかけて毎日、通勤していました。)
それは結婚を考えての仕事を職場を選んで頑張っていたからです。
二人で共働きをして、彼のご両親と住みながら頑張ろうと最初から仕事場を横浜に志願したのです。
25で結婚できるように財形で10万を給料から天引きし、23から貯め始めて
300万を貯めて結婚に備えていたのです。
そして、いつかは、産めなかった子供を産み、堕ろした子の分まで幸せに絶対にしようと
心に固く決めていました。


でも、彼は仕事を辞めた途端に変わってしまいました。


今でも、その自殺未遂の腕を切って切って血を流した傷跡はこのように残ってます。
そう、ホントに死にたくて子供に詫びるなら飛び降りたら良かったのに、
私はそれは怖くて出来なかった。
弱いお酒をミニウイスキーを一気飲みして自分で気を失う前に
自分で何度もカミソリで血管を切って切って切りまくるしかなかったのです。

案の定、私は出血したまま気を失いました。

そして、いつの間にか気付いたら病院にいて、傷口は縫われていたのです。
3針。

それが、この傷跡。
2013-09-09 001

もう、25から25年経ったので傷も目立たないし、良く見ないとパッと見は
誰も気付きません。
夫も過去を知っていても、この傷に気付いたことはないです。


今、もし、アナタが、何か重い何かを抱えていて、死にたいと思ってたとしたら。。。
どうか・・・それは絶対に乗りこえられるから、私がしたような馬鹿な真似はしないで下さい。

どんなに重い、どんなにツライことも、絶対に過去になるから。

自分が抱えていかねばならないこと。いっぱいあるけど・・・
あなたが、幸せになりたいなら、その気になれば絶対になれるから。

どうか・・・諦めないで欲しいです。

死んでしまえば、そこでピリオド。
逆転は出来ない人生で終わってしまうから。


あなたが、本当は幸せになりたい気持ち、私には痛いほどにわかるから。

だから、負けないで。

あなただから、絶対にここを乗りこえられるから。

「もう、いいの」ってアナタは、いうかもしれない。
私も切った時はそう思ってた。

でも、本当は心のもう一人が叫んでた。
本当は・・・大声で叫んでた。
「私は幸せになりたいだけだったのに。。。」って。


もう一人の心の声を聴いてあげられるのは、あなたしかいないのです。
誰でもない。
あなたなのです。


あなたは、アナタしか救えない。

私が救いたくても、あなたがもう一人の声を聴かないと・・・


心の正直な声に耳を澄まそうよ。

「幸せになっていこうよ」っていうアナタの声。

どんなにどんなに暗い道でも、光はあるから。

あなたは孤独なんかじゃないから。

一人じゃないから。

そして、あなたが生まれた日、あなたのご両親は本当に幸せにこの上なく
包まれて、あなたはこの世に生まれてきたのだから。

あなたこそ、光の人もこの世にはいる。

そして・・・あなたが、これから出逢う誰かの光になっていく。

求められていく。

これは本当だから。

生きて行けばわかるから。

これは嘘ではないから。



どうか・・・信じて下さい。







スポンサーサイト

02:48  もうダメかもと思った自分に comments(2) no-trackback
comment
Re: ひまわりさんへ
> 本当ですか

本当ですよ。

あなたを待っている人が、必ずいます。


  • 2014.01.22
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
本当ですか
  • 2014.01.22
  • URL
  • ひまわり
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。