>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.05.30
☆ワタシからの夫への提案・・・
離婚して、死にたい、消えたい気持ちをどうにか抑えながら。。。

私は、これからもこんな料理を教える度にキレて怒られるのはもう、絶対に嫌だと思った。

なので、

私が提案したこと。


それは、私に教えてもらうのではなく、プロに

そう、料理教室に通わせること。

その資金は今の現状の生活資金からでは絶対に余裕はない。

でも、最終秘密資金がまだ、あったことを思い出したのだ。




まだそれは柏で物件探しを始める頃の去年の3月のことだった。

私は移住するに向けて、実父が私に残してくれていた有名会社の上場株が数万株があった全部を

それを移住資金に充てるべく、全て現金化して売却した。

そして、その全額ではないが、そのうちの500万を彼の口座にあげ、

これで「足らない分ここから払って」と渡した。





あげたとは言っても、彼もちゃんと着々と移住の為の用意の貯金はしてて、

移住資金は用意してたし、柏の売ったマンション資金もあったから、

ここのマンションは彼が全額払った。

なので、500万を全部使い切ったわけではない。






500万に遣ったものは、柏のセシウムに散々汚染された掃除機、

洗濯機、エアコン2台、空気清浄機2台、14年使い続けて古くなった冷蔵庫らを

すべてを捨ててきて、こっちで新しいものを買い揃える資金に充てた。

あとは、岡山のマンションの和室を洋間に替えたかったので

そこをフローリングにするリフォーム代と、外がラッシュ時に

とても混む道路沿いなので、騒音対策と結露&防寒対策に

ペアガラスにした。

そのリフォーム代金。

あと、買い換えたばかりで1年ちょっとしか乗ってない新中古車の

スバルの軽自動車のパレットのエアフィルターもセシウムに汚染されてたし

車内の線量を測ると明らかに毎時0.21μSVを超えていたので、

(これは関西の人に説明してもわからない数字だと思うけど、すごい恐ろしい数字。

普通の汚染のないところは普通、0.03~0.05μSvくらいなのだから)






これはエアフルターだけの問題でなく、車のシートなどの布にセシウムが

すでに吸着してると思われたので、思い切って買い換えを私が決意。

その資金もこの500万から出した。





残額は、彼の口座にまだなんとか200数万円ある。

なので、彼に岡山市内で、男性の為に行っている料理教室をネットで探しまくり、

「あなたの受講料の全ては、そこから払えばいいから、そこに通えばいい」と私は言った。

料理にいくらか精通している女性らに混じって、初心者として

それも男性一人で教わるのは、とっても嫌だろうし。




そうすれば、教え方のうまい先生が一度に家庭料理を何品か教えてくれるし、

通ってるうちに彼にも、岡山での友達が出来て一石二鳥だと思ったのだ。




しかし、そこが岡山。

哀しいかな・・・東京のように男性の為の料理教室が沢山ないし、そして非常に少ない。

というか、ハッキリいうと一つしかないに近い。

なので、申し込みをみたら、既に6月末まで満席の予約状態。




キャンセル待ちはなしということだった。

なので、かれは6月の27日の一つ枠が残ってたお試しコースに参加を昨夜

早速にネットから申し込みをしていた。




材料費込みで1回3000円かかるが、それで彼が、昔、「○HKに入れなかったら、

絶対に料理人になりたかった」という彼の長年の夢みたいなものが

料理を学んでる間に叶ってる感覚がすれば、なお幸せだろうし、

上手い料理が作れるようになれるだそうし、神経質な夫なら必ずやるし、

かなりあっという間にうまくなれるだろう。

彼はそもそも作るのは好きで、洗い物が嫌いなだけ。

でも、逆で私は創るのが大嫌いで、洗い物はそんなに苦にはならない。




それも週に1回なので、そんなに負担のかかる講習代ではない。

これできっと彼もいざ、私が急に死んだりしても、料理は作れるようになるし、

ケンカもいくらかは、減るだろう。。。

これが、私的には・・・

一番の名案ではないかと思ったのだ。




が、ネットで昨夜、彼は申し込みしたら、今朝に断りの返事が来てたという。

なぜかというと、「女性の教室の予約が満杯すぎて

男性教室まで先生が一人なため、男性教室は取りやめになった」と医ってきてたそう。




しかし、かれは・・・女性に混じって教わる気、満々になっていた。(笑)

どこにするつもりなんだろう?

実はそこで、誰かに初めて恋して・・・

本当に今度は夫から「別れてくれ」と言われる日が来たりして。。ね。




まあ、それもそうなら、そういう運命なんだろう。

こんなウツ病人のずっと夫をしてるのは、余りに彼が可哀想だと

私も心からヒシヒシと毎日思っているのだ。

人生・・・なるようにしか、ならない。




彼が幸せに最終的になれば、一番それがいいのだ。

そう、私は思っている。



スポンサーサイト

00:30  近況 comments(2) no-trackback
comment
Re:yoshikoさんへ
yoshikoさんへ

有り難いお優しいコメントをありがとうございます。

そうですね。

夫もパートやアルバイトを探すつもりではいるのですが、
何でもハローワーク自体が3時間待ちなので、
パートもアルバイトも見つけるのですら、大変な数の人が押しかけてるようで。

そして、私が今まで14年間、ずっと朝から晩までずっと一人きりでご飯を食べて
淋しかったこともあり、今はずっと不安から解消する為に一緒にいてくれてる日々でもあったりするので、
しじゅう、ケンカになってるわけではないのです。

夫が、私のウツ病の深刻さについては一番理解があるし、
今、一人にすると危険な時期だというのは、察知してるようです。

夫は、あれから、毎日、材料を少しずつ変えながら、切り方も工夫しながら
一人で味噌汁を作って食べているし。。。自立してます。www

私は、ウツ病と不眠のお薬の副作用でどうして、起きる時間が遅くなってしまうので、
朝&昼はブランチで兼用です。
カルビーのフルーツグラノーラにプルーンを3個、バナナを1本入れて、
緑茶青汁牛乳をかけてお皿一杯分食べるともう、おなかがいっぱいで、
ご飯粒は、お昼から食べられない胃の小ささになってしまっています。

なので、お昼は別々の食事を取らねばいけない今になってしまってる現状です。

ただ、自炊してる彼の食器くらいは洗ってあげたいので、洗っています。

うつとガンって似てるんですよね。
自分が治りたいと思わないと治らないって良く言われてますが、
なった人間はみんな、根底で治りたいと一心に願ってるんですよ。
軽いうちは、がんでも初期でも再発もせずに治りますよね。

でも、長年の長期にわたると、なかなか治らない。
うつでも重傷になると自死を選ぶ人も少なくない。
ホントは元のような元気な自分に戻って明るい自分を取り戻したい、
でも、それがなかなかうまく運ばない。

何を飲んでも、いくら頑張っても。

もちろん、治る人もいます。

それは、きっとその方の気力とか、様々な努力の末の結果なんですよ。

ヒトされぞれに過去に持ったトラウマが原因の場合も多々あります。

答えになってませんね。

ただ、ケンカはあれからほとんどしなくなりましたので、ご安心下さい。

  • 2013.05.30
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
私達夫婦は、結婚18年、結婚した時にすでに夫は退職していた。
それでも、住宅ローンも払って、前妻との間の子供の養育費も払ってきたの。
お金がいる時は、家を間貸ししたりもしたよ~。
ゆあさんの旦那様はまだ若いんだから、一日中家に居なくてもいいでしょう。
週に何日か、パートで働きに行ってもらってはどうでしょうか。
ずっと家に居るより、気分転換にもなると思うんです。
経済的にもゆとりが出るし、気分的にも楽になると思うんです。
それに旦那様、スクランブルエッグ位なら作れるでしょう??
朝ごはん担当にしたりとか、それか一緒に作るとか。
二人で協力して、一緒にやるっていうのが欠けてるから喧嘩になっちゃうんじゃないかなあ。
うちの旦那様、最近までずっと食事の後のお皿洗いしてくれていたんですよ。
うちは、外出するのも一緒。でも私は買い物に行って途中で別行動しちゃうけど、お昼は待ち合わせて一緒に食べて、一緒に家に帰る。
18年間ずっとこの繰り返し。
毎日、何か一つずつ一緒に出来るようになれば良いかなあぐらいで。
あせらないでね。
  • 2013.05.30
  • URL
  • yoshiko
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。