>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.05.28
☆生きる目的の糸が切れたタコのよう・・・
自分の中の何かのどっかの線がブチっと音を立ててその瞬間切れた。
「もう、ダメだ。これ以上、この人を一緒に居ても不毛な日々が続いていくだけだ。


私の役目はここに移住してきて、この人をここに住まわせてあげられてあれ以上の
放射能被曝から逃がしてあげられたことで、十分だ。
全てはもう終わったし、私はいつ消えてもいいんだ。」




離婚して、どっか誰もみつからないところで、死のう。
本気でそう思った。

いつものウツ病の起死念慮だということは、自分自身で良く解ってた。
でも、離婚届をもらってきて、本当に書く覚悟は自分の心の中で既に出来ていた。




「あとで、タクシーを呼んで、中区役所まで行って、離婚届をもらって
サインしよう。そして、夫に渡そう。」

そう、本当に実行するつもりでいた。




ケンカのあとに、みずほの銀行に出かけた彼が、私のメールを見て
外出先から、「離婚届のサインを絶対にしないからな!!」
と電話で言ってくるまでは。




コトの発端は、彼に初めて、自炊を教えることから始まった。

彼は、すごい合理主義者だったので、今まで自炊を一切したことがない。
それに、神経質で横から「ああだのこうだ」の言われるのが嫌い。




そもそも、生まれた歳が4年違うだけで、そんなに味噌汁の教え方が簡素化してたのか?
4年前からでも小学校までは、家庭科は男女で教わってたはずだし、
お味噌汁の油揚げの油抜きを教科書で習ったはずなのに。




彼は、「そんなの習ってない!!」と言い張る。

余計な油分を飛ばすために、熱湯で油揚の余分な油を取る。
そんなの味噌汁作りの基本中の基本。
自分のだったら、そんな面倒なことすっとばしちゃうけど、
いくら料理嫌いの私だって、
人に教えるのに、必要なことはきちんと教えないといけないと思ったから
面倒な前処理だけど、教えたのだ。
「自分のだけだから、そのまま切って入れればいい」という。



でも、余計な油を摂りすぎることはこの歳になれば、相手を思えば
防ぎたいと思うから、教えてるのだった。
確かに、コレステロール値も中性脂肪値も、彼はこっちに来て、正常値に戻ってたから
良かったけども。



京都産の大きな油揚だったから、残ったのは余計な水分を取って、タッパに入れて
あら熱を取ったら、冷蔵庫に。

昆布だしと、鰹だしを半々入れて煮立たさないように。


あぶらげを一人前入れて、豆腐も入れて、
最後に味噌を少しずつ味見をしながら、足して行く。

薄いのは濃くできるが、濃いのは薄めたら一人分以上出来てしまう。

本当に一人分の味噌汁というのは、作るのが難しいから、逆にお椀に必要な飲む量の水を少し増やして
逆算して、鍋に入れると、ちょうど一人前の味噌汁が出来るのだ。
余らないで出来上がるのだ。


「ああだ、こうだ」っと教えてるうちに、夫はとうとうキレた。




 「ああ、面白くない。


もう嫌だ!!もういい!!」
 





こっちにきて、自炊をすると言い切ったのは彼だったのに。

教えるのが難しいのは解る。

でも、これしきのことで、切れられていたら、こっちが参った。

「じゃあ、一人でどこでも好きなところで、好きなだけ食べに行けば?」
と言い放って私は、台所から離れた。




もう、話もしたくなかった。

いつも一緒にいたら、こういう不毛なケンカに陥り、
本気で、私がいつもこの地球から いなくなりたくなる。
消えたくなるのだ。
それも、本気で。



そして・・・また、自殺を考えてしまう。

「どこで、どうしたら死ねるのか?
実家には帰りたくない。
一人なら、今のあるお金で彼も節約することなく苦労せずに暮らしていけるだろう。」



あと、数時間したら、どっかわかんないけど・・・
近くに見える山の麓でタクシーに下ろしてもらって
どこでもいい山の中で、脱水なり飢え死になり、出来ればいい。
誰にも見つからず、白骨化してしまえばいい。



自殺未遂の時もそうだけど、こういう時は悲しむ親の顔も、
夫の顔も思い浮かばない。



-ああ、そういえば、早く夫にお金、振り込んでもらったの
早く私の口座から夫の口座に全部返さなくちゃ-

頭は、どんどん離婚の準備に取りかかっていた。
自殺じゃ降りない死亡保険金ももう、残すことは考えてなかった。



私はもう、ここからもうただ、消えたいだけだ。
いなくなりたいだけだ。



一緒に居続けたら、またこんな不毛なケンカを続けて、
そのたびに私は自分の存在価値が、ドンドンわからなくなっていく。




子供がいれば、母だから、生きて居ねばならないとかあるかもだけど・・・
私には幸い子供はいない。




あれから何時間も経つのに、私の心の糸は切れたまま、おなかもすかない。
抗精神薬も効かない。
また、眠くもならない。



彼は帰宅するなり言った。

「岡山に来たのは、キミを元気にするためだから。
俺の夢はまだ達成してないんだ。」 と。



「いいの。
もう、元気になんかなりたくないの。」




何も食べたくないし、夢も希望も目標も、もうないし
私には本当に愛せる人ももうどこにもいないの。



自分の存在価値は、もう消えたの。

泡のように。。。

キミのあの一言で。



うつ病の者にとって、何でもない怒鳴られる声は、DVと同じような衝撃があることを
多くの人がしらない。
普通の人なら、「そんな言葉で生きることに諦められてしまうのか?」と驚くような
ほんの一言の言葉で、「生きていたい」とか「夢」とか「希望」とか
「目標」とかそういう細い細い糸が切れてしまうのだ。



自死が死んでも地縛霊にしかなれないのなら、苛められて死んだ子たちは
それだけの数の子が、この世で哀しみに打ちのまされてさまよってるんだろう?



彼らこそ、天国に言って、痛くもない、悲しむことも起こらない。
もう誰にも傷づけられない場所に行けねばならない子供達なのに。


自死でも、病死でも、事故死でも、人は死んだら
燃やされて、灰になるだけだ。
魂は、きっと誰でもどこでも撒いてもらえたら嬉しいところで
きっと幸せになれるはずだ。



私は、そう信じてる。

それが、例え、間違いだとしても。。。










スポンサーサイト

23:06  近況 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。