>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.04.28
☆私達は本当の夫婦じゃなかったことが解ってしまった日・・・
これは、昨日の記事を書いたきっかけになった事だった。


昨日は、夫の2週間前に受けてた泌尿器科の採尿検査の結果が出てる日で
最後に東邦鎌ヶ谷に二人で検査を聞きに車で行った帰りに
母と妹の留守中の実家に父にお供え物と、妹にスカイプのWebカメラを置いてくる予定だった。


病院は、知ってのごとくウイルスや細菌がうようよしてる場所。
なので、マスクはしていっていたけど、すぐに結果は出ててわかるから
私は一人、病院の駐車場の車の中で待ってることになった。


その間、私はi-Podに入ってる昨日の掲載したゆずの『虹』をリピートして何回も
聞きながら、ただただ、何度も号泣を繰り返していた。
この曲を聴くと、あらゆる自分の人生の苦しかった場面、イジメで怖くて
毎日、学校に行くのが嫌で、自殺まで考えてた中学時代や、
最愛の人に裏切られて、浮気されて、婚約破棄をされて自殺未遂をした過去、
卵巣癌になって一人で抗ガン剤に立ち向かって、数ヶ月もずっと入院してた時代、
様々な孤独な時、苦しみ、悲しみ、辛さの記憶がドッと蘇ってきてしまう。


もう、子供が出来なくて結婚できないかもしれないと思って諦めかけた日々のことも。


で、この曲、「すっごい良い歌詞でね、何度聴いても泣いちゃうんだ」と車に戻って来たうちの夫に2回
聴かせた。


思ってた反応は、私の予想を大きく裏切られた。
というより想像を超えていた。
私は、てっきり、この歌詞を聴いて
「君もこんなに苦しかったんだね」とか「寂しかったから泣いていたんだね」と私に言ってくれると思ってた。
でも 彼は「長年、映像の仕事をしてたから 歌詞はほとんど耳に入らないんだ。」と私に言った。
そして、「自分の耳に入ってくるのは いいメロディーか否かということだけなんだ」と。


そして 更に言われたのだ。


「俺は今の歌を聴いて、君に苦しかったんだねとか寂しかったんだねなんて
本当に心にも思ってもいないコトは絶対に言えないから。」と・・・


この彼の感情移入の出来なさって普通に、「あり」なことなの?
彼の人生と私の人生が余りに違う為の彼の今までのいろんな人生における体験不足から来る考えの相違?
私は、何がなんだか?一瞬わからなかった。


私は ショックと驚きに耳を疑った。


幻滅という言葉は、遙かに通り越していた。

「この人(夫)になら、絶対にわかってもらえると思っていたのが間違いだったんだ」と
その次の瞬間に気づいたのだった。
確かに同じ体験や経験がないと同じ哀しみや苦しみやつらさは、人は全部は全部わからないけど
人には感情移入の出来る脳力が誰にもあると、私は思っていた。


でも 夫は違った。

「私達は夫婦になるべきカップルではなかったのかもしれない」
と初めて気づいてしまった昨日でした。


でも、彼にはその心が、わからない性格の下地は既に子供の頃からあったのでした。
それが、人の育った環境と、人生経験のそれぞれの相違から来る理解不能な限界なのだと
わかったのは、ごく最近のことでした。


それは、彼が冷たい人間だからではなくて、
彼が私からみれば、とてつもなく「強い」人間だったからだったのでした。


続きは、また明日。
スポンサーサイト

02:22  ショックだったこと comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。