>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2013.04.17
☆先週、岡山駅の新幹線ホームに降り立った途端・・・
そこに吹き渡る風が全然違っていました。
PM2.5は例えあったとしても、それはセシウム放射能じゃない。
確かに両方、肺に入ったら危ないものではあるけれど・・・



本当に安心感が全然違いました。



最初にグランヴィアに泊まった時、周りが山一面に取り囲まれてる田舎の風景に
正直、カルチャーショックみたいな、大きなショックを覚えました。
関東平野は、山が一切、見えないから。
特に千葉の柏からは山はどこにも見えないから・・・



東京に0才半~12才の1学期まで、トータル13年間も東京で過ごしてきた私が
父の転勤で岡山の借家に初めてやってきたとき、
操山(みさおやま)という山がすぐそこに見えた時に、
「あれ・・・なあに?」と父に聞いたことを今でもハッキリと良く覚えています。笑


小6なのに、間近に迫るあれが、山だって気付かなかったのです。



その当時の私は、生まれてからずっと東京で育ってきて、
幼稚園の年長さんんから小6の1学期までは
都内の渋谷区の代々木上原にずっと住んでた私には、
あんなに近くに山がある環境なんて考えれなかったから。
見える山って、当時の銀行の社宅の団地の一番最上階だったから、
そこから見える夕焼けの遠くの富士山が、唯一の私が知ってる身近な山の景色だったんです。




でも、今回は違いました。



新幹線の岡山駅を降り立った瞬間、山に守られてるから、
ここの空気は放射能はここまで来ないのだと思えたのです。



最初に地下街の『一番街』を歩いた時は、全部、人気ショップは網羅されてスゴイと思ったけど
「柏は、こんな地下街ではなくて、全部駅ビルでもっと一つ一つの店舗は広いのにな」と思いました。


でも、今回は印象が全然、違いました。
移住に対して、気持ちが座ったからかな?


もう、こんなブランド品のお店では服は一切買えないし、買うコトもないし
「これだけ、人気ショップが揃ってる地下街は凄いな」と思ったんです。
20代なら、欲しいなと思う服のブランドショップ店は、地下街になんでもあるんですよ。



そりゃあ、原宿や表参道のように
岡山には、ZARAもFOREVER21もないですけどね。
でも、私にはもうZARAもFOREVER21のようなショップは
必要ないし、あれば満足なのは、「しまむら」と、「ユニクロ」くらい。
あとは、楽天ショップと近所のダイソーで何でも揃えられると思ったんです。




今回、泊まったには三井ガーデンホテル。
なんで今回はここに泊まったか?
5日連続して泊まれるホテルがここしかなかったからでした。
でも、ここで正解でした。
基本、ビジネスホテルなんですけど、ちゃんとした広々したベットのツインで
部屋は、かなり狭かったけれど、良い配置にコンセントや電気や電気ポットも完備されてたし、
フロントやいろんなスタッフさんのホスピタリティーがすごく良かったです。
それに借りた毛布が、すっごく暖かい毛布で本当に気持ち良かった~~~。
毛布は、寒かったので、フロントに言って3枚も借りたのです。
加湿付き空気清浄機も完備されてました。



ちょうど、行ってる最中、ずっと風が強くて毎日、結構ホントに
寒かったんですよ。
もこもこソックスも、ファーリーフリースも暖パンも持って来て正解でした。




ここのホテル、
朝のビュッフェは、出てくる野菜も、新鮮なジュースも、お肉もすべて美味しくて
本当に心から安心して食べられました。


(しかし、私は連日の不眠で、体調は絶不調でホテルの朝食が取れたのは
たった2回。それも食べれたのは、お粥とサラダとジュースしか食べられなかったんだけど)
それでも。。。本当に美味しくて、地産地消の有り難さが身に染みたんです。



グランヴィア岡山のホテルのレストランで最終日は、
岡山産の牛肉を使ったハンバーグコースを頼んで食べたんですが
1,980円なのに、本当にすっごくすっごく美味しかったのです。
野菜も、ご飯も。




こっちでお好み焼きを食べると、絶対にキャベツは茨城産。
スーパーに置いてるレタスも全部が茨城産。



でも、岡山は違います。
全部、県内産です。
(もし、お店が食べて応援で、
福島から安くキャベツを破格値で入手して作ってたらアウトだけど)




でも,、コンビニで売られてるプレーンヨーグルトも、牛乳も、
買う時に何もかもがとても安心できたのです。
ロシアンルーレットじゃない買い物。
これがしたくて、
いつまでもベクレル表示にならない食の日本の流通が日々、憎かった。




実は岡山県は、実は実母の父(母方のおじいちゃん)の実家があったところです。
母方も父方の祖父もふたりとも、戦死で亡くなってましたが、
母の父は、岡山のある家の養子で育ち、優秀だったので、京大に進み、
そこで、祖母の父から祖母との縁談をもちかけられたそうです。


ここで、笑えるのが、祖父は結婚なんかする気は全然なかったそうだったのですが、
ある日、祖母が特に祖母の父親がとっても厳格な人だったそうで、
内緒で婦人画報の表紙に応募したら、合格しまい、表紙に載ってしまったそうなんです。
それを知った祖父が、密かに書店で掲載されたその祖母の表紙を見た途端に一目ぼれして、
縁談がトントン拍子に決まったそうです。笑
祖母と祖父は6つ?8つ?だっけな?歳が離れていたこともあって
すごく祖父は祖母を愛してて、なかなか買い物から帰って来ないと
心配で仕方なかったそうです。笑
すっごく愛されていたんですね。
祖母は。



祖父は、異国の地でB球戦犯として戦後、捕らえられ、処刑されてしまったのですが、
遠い異国の地のボルネオ島の牢獄で、処刑の前日に祖母に書いた遺書が、
また泣けるラブレターで、何度も「愛してる」って書いてあって、
それがある本に掲載されて、それを祖母から見せられた時には、私は大号泣してしまいました。
あの時代の人で、何度も「愛してる」なんて言葉を綴るなんて・・・
本当にどれだけ、祖母は祖父に愛されていたんだろうと。
これをしたためるのに、どんな気持ちで祖父は書いていたのか?と想像すると
胸が本当に締め付けられます。




私の「ほししま ゆあ」の「ほししま」は、
祖父の姓の星島から、ほししまの名前をもらってるのですが、
岡山県内に星島の姓が多いのは、そのせいです。
藤原とか、藤井も岡山では多い姓ですよね。



岡山には、(実母の母)京都のおばあちゃんのお墓もあるのです。
50年ぶりに戦争で亡くなったおじいちゃんに一緒に逢えた祖母。
娘達が嫁に行き、息子も結婚して家を出て、50年余り、ずっと京都市内の公団で
一人暮らしを続けてきた大好きな元気自慢の祖母でした。
祖父を亡くした時は、祖母は当時30才だったそうです。
(祖母は20才でクラスで一番にお嫁に行ったそうです)
愛する祖父を亡くした祖母は、一時は一家心中も考えたと言ってました。
でも、あのお嬢様育ちで育った祖母が、たった一人で
誰にも頼らずに、3人の子供を育てる為に、小学校の教員免許を取り、
定年の3年前までずっと小学校の先生を続けていました。




岡山の話に戻りますが。。。
岡山って、小学校6年の1学期に転勤してきた時は
なんの縁もゆかりもない土地だって、私は思ってました。



ずっと都内勤務だった銀行員だった父も、転勤当初は、「すごい都落ちだ」って、
父も最初、意気消沈してたし、家族全員当惑してたけど・・・
でも・・・父も私も、毎日、自転車通勤・自転車通学して、一番健康的だったし、
夏には、旭川で花火大会をあんなに間近に見たのは生まれて初めてだったし
街中を走るあの市電がとっても好きだったんです。



今も走ってるんですよ、市電。
あれは、エコでいい乗り物ですよ、本当に。



小6の2学期~中学3年間は、いじめられ通しで毎日、苦しかった想い出の方が多いけど、
あの時期があったから、いじめる男子が一切いない
高校時代のカトリックの女子高生活が毎日輝いていました。




子供を岡山に避難させてるお子さんがいますが、
今でも倉敷のノートルダム清心女子高校・中学は本当にいい学校です。



あそこに行くと、私は30才で卵巣がんになって助かったのに、
幼い子供を2人も残して、スキルスの胃がんで突然亡くなった一番の親友
であり、ライバルでもあった友を思い出して、とっても切なくて辛くなったりもするけど
でも、寄宿舎に入って、寮長もしたし、文化委員長も務めたし、
あそこで私の大半は作られたんだと今、振り返ると思います。




何年住んでも、実家の鎌ヶ谷は第二の故郷とは思えなかったんですよね。
ん~、ただ、大学に通学したり、通勤したりしてて、寝に帰る場所ってだけの感じしかなくて。
苦労して、父が建てた家なのに、鎌ヶ谷という土地には私には不思議に
何年住んでても愛着が湧きませんでした。


なんでなんだろう?


実家がここのただ住所にあるだけで、ここから去ることになっても
郷愁もなにもない場所だったんですね。
もちろん、移住を決めた頃、家族と別れて住むのはすっごく抵抗があったし、
とても哀しかったし、すごく嫌でした。


きっと、あそこが、当時の新興住宅地だったからなんだと思います。
私は、小学校も中学も、高校も私はあそこで育ったわけじゃないから。



妹のように。その代わり、妹は、小学校だけで転校を3回もしましたからね。
岡山→津田沼→鎌ヶ谷と。



今回、岡山に行って、「戻って来たことになったんだなあ」と私は、しみじみと思ったんです。
第二の故郷は、私には、実は岡山だったなあと。



この間、窓から見えた風景を見ながら、そう初めて思えたんです。



今度、新幹線の岡山駅を降り立つ時は、
「ただいま、岡山」ですね。笑


スポンサーサイト

00:00  氣づいたこと comments(6) no-trackback
comment
Re: まあ、諦めるのでは?
> emyさんへ

おはようございます。

そうですね。天災で命を失うのは、もはや人の力ではどうにもならない次元だし、

死の時期は自分で選ぶものではないですしね。

海外移住してる方は、お金のある方はイギリスやオーストラリアが多いみたいですけど

イギリスだって原発依存派だし、(地震はないけど)冬、とても寒いし、食べ物は美味しくないし・・・(自分ちで日本食を作るなら別ですけど)

オーストラリアはウラン鉱山もあるし、紫外線は一番強くて皮膚がん第一位の国だし、

英語が堪能なら、ある程度どこでも住めるとは思いますが、

日本の便利さを比較してしまうと、どこも最初は戸惑うでしょうね。

アベノミクスとか言って、TPPを勘違いしてる人が放射脳のようにごまんといますから、

お隣の韓国であんなに困ってるのに、そのニュースも伝えないマスコミも

本当に罪ですよね。

まあ、この国って、いつも政治のほんのひとかたまりの上の人が国の方針をどんどん

決めて、国民のことなんか全然考えてないし、国益という意味をまっさかさまに取り違えてるので、

マンションを買う人がいっぱいいても当たり前なのでしょうね。

ツイッターのkazukazu721さんがいつも言ってらっしゃいますが、原発反対出デモでも

あんなに礼儀正しいデモなんかしてても、官邸は痛くもかゆくもない。

火炎瓶を投げつけるような怒りをぶつけるような市民の怒りがないと国なんて変えられないと

仰ってたのを思い出します。

彼もマスコミの人間なので、本当にそうだなあ、核心をついてるし、そんな今や勇気のある人が

どこにいるんだろう?と思いますよね。

まあ、子供に甲状腺がんが増えてきたら、沢山の親が集まり、そういうデモがきっと起こってくるんでしょうど

それまでに地震でどっかの原発で第二のフクシマが起こってないことを祈るばかりですね。
  • 2013.04.18
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
まあ、諦めるのでは?
ゆあさんへ

おはようございます。

本当に…TPPで、貧乏人は死ぬしか無いみたくなるでしょうね。で、税金もどんどん上がるし。年金は減るし。長生きすればするほど損でしょうね。奴隷以下?いかにして健康に生きるしかないですよね…この放射能汚染の中でも。

日本人が豊かさを求め過ぎた故の代償ですわな。アメリカでも、アナログの部分多いですもの。暮らしは…日本の方が上だと思いますよ。まあ、アメリカは金さえあれば何でも出来る国ですよ。日本もそこは同じだけど、日本以上。

うちの近くにも凄い大きなマンション建ててます。今からマンション買う人とか家を買う人は、諦めてるのではないでしょうかね?不思議ですよね。ま、そこは、人の価値観ですからね。

住みにくい国になってしまったものですよね。
でも、もう、私も愛する人とならどこの国でも良いかなとは思いますし…。放射能汚染は自分でどうにか出来るものではないですからね。諦めるか、他国へ移住するかでしょうね。 他国に移住しても、死ぬ時は死ぬし。絶対に何も災害は起こらないとも言えないですからね。

難しいですね。

emy
  • 2013.04.18
  • URL
  • emy
  • [ 編集]
Re: そうなると良いですね!
> emyさんへ

こんばんは。

これからの日本って本当にTPPに参加したら、アメリカの一つの州みたいに扱われると思うんですよ。

皆保険も壊滅すると思うし、金持ちしか長生きできない。。。そんな国になると思うし。

いっぱい遺伝子組換え食品がどっさり入って来て、また、ガンが増える。

それでなくても、放射能でいろんな病気で苦しんでる人がその頃は爆発的に関東では

増えてると思うし。

花粉症と一緒だと思うんですよね。

症状が遅く出る人と、早く出てくる人と・・・。

結局は被曝してるわけで、無害で済むわけないですよね。

さすがに、マスコミに甲状腺がん関東でも数千人とか新聞の三面記事に載りだしたら

都内はゴーストタウンで、マイホーム買っちゃって、借金で動けない人はどうするんですかね?

まあ、この間、淡路島でまた大きな地震もあったし、今日も三宅島と仙台でもあったし、

日本のどこに住んでも、地震国ですから、地震からは逃げられないってことですよね。

でも、地震は何度でも街はその気になれば、時間はかかるけど、復興は出来る。

神戸が今のようになったようにね。

でも、放射能には人間は勝てない。

それが答えだと思うのですよ。


  • 2013.04.17
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
そうなると良いですね!
ゆあさん

こんばんは。
私もそう思います。恐らく、妹さんもお母様も岡山に引越しする!と言うのではないですか?そうなると良いですね!!

emy
  • 2013.04.17
  • URL
  • emy
  • [ 編集]
Re: 岡山にご縁があるのですね!
>emyさんへ

こんにちは。


去年の今頃は、まだ大阪を検討してましたね。
でも、ここまで来ると、本当に祖父が・・・顔も写真だけしかみたことのない
祖父が呼び戻してくれたのかな?と思ったりします。


祖父のお墓の近くに岡山県人の戦没者慰霊の塔が建てられていて
数年前に、母や妹、親戚一同で祖母と祖父のお墓参りに行った際に
初めて、その慰霊碑に祖父の名前が彫られれていたのを偶然みつけて、
祖父が、「きっとここにいるよ」って呼んだんだね・・・ってみんなで
話してたことを思い出しました。


本当なら、娘の母を一番に呼び戻したいはずだろうのになあ。
祖父と祖母は。


でも、あと、2年後くらいになぜか根拠はないんですが、母も妹も岡山に移住してくる
ような気がしてて、それが、「2」という数字で、漠然と頭に浮かぶのです。


そういう霊感とか勘とか私はないんですけど・・・
なんなのかなあ?
思い込みかなあ?
なんとなく、そんな感じがしてならない。


2年後の日本は、TPPでも変わってると思うし、放射能汚染による甲状腺がんの子供も
爆発的に増えて、報道されまくってると思うんですよね。
今でさえ、こんなに水道水が危ないのに。


とにかく、18才に離れた岡山と今の岡山は本当に変わりました。
あちこちに本当にマンションが建ってるし、広島ほども、姫路などの都会ほどではないけど、
ノスタルジックなところもありながら、小さい市なので、隣の区も近い。
今や、岡山市は、区制なんです。

私が住むのは今度、中区なんですけどね。
50から住むには、良い場所だなあって最近、とみに思っています。


そうそう、倉敷も、すごく変わって、すごく都会になってるようなんで行ってみて下さいね。
私が学生の頃は、デパートが一つ新しく建ったばかりで、つまんなかったんですけど。
今や、チボリ公園が潰れた跡地に三井アウトレットパークがあるそうですよ。

大原美術館もアイビースクエアも今もあるし、変わらない物もそのままあり、
新しいものもいっぱい建ってるようです。

岡山から「倉敷に」に行く間に中庄という駅があるのですが、
そこが、高校の最寄り駅で、電車通で通学してた子はsこからスクールバスで
学校へ通ってました。

私は岡山の天満屋のバスターミナルから40分かけてスクールバスで1学期間通ってましたね。
夏休み中に転勤が今の千葉に決まり、そこから寄宿舎生活になったんです。

あの寄宿舎生活が一番楽しかった想い出です。

  • 2013.04.17
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
岡山にご縁があるのですね!
ゆあさん

こんにちは。
凄い!きっと、岡山に縁あって戻るのですね〜。一度いってみたい場所です、岡山は。


私もそう。家族とは仲良しだけど、実家のある埼玉と言うか、あの街には何とも感じ無い。私以外の、父、母、姉は凄い地元に縁があるらしいけど、私は何とも思いません。不思議ですよね。

何か、ゆあさんのおじいちゃんが守って下さって、それで岡山に呼び戻したのでは?と思います。素敵なお話。

土地にも縁ってものがあると、とても思います!

emy
  • 2013.04.17
  • URL
  • emy
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。