>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.10.12
☆シンガポール旅行記 3日目 プールのあと・・・
昼間だと、日差しが強いのでプールで寝れた体もすぐに温まるのですが、
夜の屋上は、風が少しあって、風で濡れた体の体感温度を下げます。
なので、上がったらすぐにバスローブを羽織り、
プールで借りれる分厚いバスタオルをデッキチェアーに敷いて
休んでたのですが、それでも足先から冷えて出てるところが寒い。
子供たちは、そんなことも感じないようで・・・
何度も「ママ~、もう少し入っててもいい?」と何度も上がっては
聞いてる白人の子供なんかが、もう元気で、元気で。
ワタシは、入って夜景を見て、プールの先まで行って一度往復しただけで
すぐに上がり、バスローブを羽織りました。
それでも寒い。
夫が、交代で入って、写真を撮りおわるのを待って、
すぐに部屋にお風呂に直行。
予め、寒くなって部屋に戻ってくるのを予想してたので、
このバスタブにお湯を熱めに入れておきました。

singapore 032a

すぐ隣に据え付き型のシャワーがあるのですが、
バスタブの蛇口のところにまっすぐになってる棒状のところが実は可動式のシャワーになっていて、
二人同時に入れます。

素晴らしいのは、このバスタブ。
欧米式の浅いバスタブでなくて、肩までつかれるほど、お湯をためれる深さがあり、
背中がもたれて入れる、アジアのホテルでも珍しい逸品だと思いました。
やはり、日本のお風呂を同じように寝転ばなくても肩までつかれるのは
楽です。
お湯を少なくすれば、欧米式のように寝ても入れるし。。。
良く出来たデザインだと思いました。
そうそう、可動式のシャワーでないところが結構あるので、私達は海外に行く時も
国内の旅行の時も洗面器を持って行きます。
洗面器・・・これが結構、どこのホテルの浴室でも役に立つんですよ。



プールに入ったあとで、お風呂にも入って、二人とも
なんかどこにも動きたくなかったので・・・横着をして夕食はこの日は
ルームサービスをとることに。


クラブサンドとミネストローネのスープと一つずつ。
これが、値段に見合う量で、二人で一つで充分でした。
クラブサンドがすんごく美味しくて絶品でした。


夕食を食べに行かなかったし、お風呂にももう入ってしまってたので、
夕食を済ませたら、この日はすぐにベッドにもぐれる体勢だったので
楽な1日でした。


いつもより早く寝れて良かったです。


朝の朝食のビュッフェもここは、10:30までなので
ワタシにしては珍しく1日も欠かさずに朝食を取りに行きました。
いつもは、起きれなくてワタシだけは、大概パスしてしまうことが多いんですけど。


ビュッフェのバラエティーもとても豊富で、ワタシは向精神薬を飲んでるので
コーヒーも紅茶も飲めないので、ノンカフェインの紅茶を持参して
ホットウォーターだけをもらい、自分の紅茶を飲んで
あとは、朝から点心だの、果物、ヨーグルト、サラダ、パン、オムレツ(これがなかなか絶品)
などを食べました。
もちろん、日本のご飯、シリアル、数多くのパン、スープ、お粥。
ホントに飽きない品揃えの朝食でしたよ。
大好きなチャーシュ饅もあり、朝から2個も食べちゃって
お昼がいつも2時過ぎでいいくらいでした。(笑)


口コミでは、ここのホテルは大型すぎていい口コミが少ない傾向ですが、
部屋の当たりが悪かった以外は、私達にはなかなかいい点数のホテルだったと思います。
2日目からは、耳栓をして寝たら熟睡ができたので、
シービューの騒音は気にならなくなりました。



まあ、プールからの夜景を見るのに、1泊でいいホテルとも言えますが。
ネットで結構前からシティービュー側のクラブルームを予約してると
結構お得な値段で泊まれるそうです。(でも、ネットで予約を取ると
後から取れないとメールが来ることがあったりもするそうですので、ご注意を)
クラブルームは、クラブラウンジが何階かにあって、そこで
無料で軽食やソフトドリンクなどがいつでも無料で飲めたり食べたりできる特典があります。
昼食はそこで、済ましてる人もックラブルームの方には特典があります。



まあ、やっとキャンセル待ちで奇跡的に取れた
今回のたった一部屋のプレミアルームの部屋だったので
ラッキーだったと思わないとですね。
あと、満室だったので、掃除が夕方までスタッフが足りなくてかかってました。
なんか、英語がみんな通じない中国人のスタッフが部屋の清掃係の女の子や若い男の子だったので
それが、少し困ったけど、日本語を勉強してる女の子もいて、好感が持てました。


最終日の4日目は、いよいよ、夜景のシンガポール・フライヤーに乗ってきました。
その夜景の写真を次回に載せますね。




スポンサーサイト

00:36  旅行記 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。