>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.12.22
☆親から反対される人とは、結婚したくなかった・・・
ワタシが、結婚する前まで付き合ってた人というのは、まず、北海道に住み、
遠距離だったし、第一次産業の昆布を育て収穫するという職をもったおうちで、
お母さんと彼が二人で住んでいました。
お兄さんが札幌に住んで、正社員で働いていたけれど、彼氏は函館で準社員だったし、
結婚したら、お母さんの面倒をみないといけないとか
そういう心配もあったし、そもそも、子供も育てる気がないワタシに、
人の親の世話なんて出来るわけもなく・・・
ワタシの親は、サラリーマンの子は、サラリーマンの人と結婚するのが一番幸せなのだという
考えの持ち主だったので、この10年付き合った彼氏との結婚は、家中の誰もが反対で、
ワタシも、彼の学歴や、学力や常識のなさに、「この人が自分の夫になる」」ということが
どうしても許せなかった。
自分でさえ、そんなに利口じゃないのに、ワタシより知識的になんでも劣ってる旦那をもつという
ことが、恥ずかしいというより、将来に向かって、とても不安だったという方が正直な気持ちだったと思う。
確かに、学歴なんて本当に自分の中に知識さえあれば、全然あてにならないものだとも思うし、
大卒のワタシが、大学で何を学んだのか?と言えば、大学に入る努力の勉強はそりゃあ
一生懸命したけれど、人にああだ、こうだいえる学力なんて備わってるとはとても言えないと思う。
学歴があっても、女一人守れないんじゃあ、それもまた問題で、
学歴なんて本当に当てにならないものなんだけどさ。


でも、常識ってあるよね。
誰でも知ってること。
そういうことが、抜けてると・・・言葉にならない
これは、何を埋めても、埋められない虚無感に襲われるというのかなあ?
「こんな常識的なことも知らないの?」っていう一言は絶対に言えないけど、
それを心で感じてしまう相手とは結婚は出来ないって思った。


例えば、「セシウム」なんてことは、原発事故が起きなきゃ、誰もしらない単語だったよね。
そういう事項は、一緒に勉強していける。
ワタシも知らなかったもの。
もし、がんが再発しても、がんのことを一緒に勉強していけば、
それは埋まる。
ワタシだって、知らない抗がん剤が、どんどん出てきてるし、今はね。


でも、そうじゃない事柄ってあるじゃない?
今更、それをワタシが常識というモノを1から教えるの?ってことが
ワタシには出来ないと思ったのだ。


だから、結婚を考える上で、最初は賢い男を求めたかった。
本当に最初の時点でね。
あまりに、この年下の男性が、なんとも・・・哀しかったもので。
ワタシの知らないことは、なんでも答えてくれるような男性。
だから、一時、同時に歯科医の男性と二股交際もしたことがあったよ。
でも、結局、彼もお母さんと同居の人で、
結婚の条件からは、程遠かった。
結局、恋愛感情だけでは、結婚はできないんだなってしみじみ思ったんです。
20代、あれだけ恋愛結婚主義者だったワタシが見合いで結婚するなんて
20代では天と地がひっくり返っても考えられないくらいのことだったんだよ。(笑)



でもね・・・今まで色々、いっぱい心配をかけてきたから、
誰からも祝福されるような結婚をしたかったんだよね。
だから、親に一つでも反対されるような懸念のある男性とは
結婚は出来ないと思ったんです。


若い時は、そういうのがわからないよね。
「当事者だけの気持ちでなんとかなる」って思うんだよね。
でも、30も超えると、段々、「親が言ってることがどれだけ正しいのか?」
ってことが痛いほど、わかるようになってくるんですよ。


今の旦那は、4男で、ご両親は、ワタシと結婚した時にはカナリ前に他界されてて、
両親はおられなかった。
多分、ご両親は夫のお嫁さんがどんな人になるのか?気がかりだったとは思うんだ。
5人きょうだいの末っ子でとても可愛がられていたから。
でも、こんなになんにも出来ない嫁がきちゃいましたけど・・・(恥)
その代わり、あなたの産んだ息子さんが真面目で、本当に優しい人だったので、
ワタシは、こんなに幸せになれました。


モノの見方の価値観とか、お金の使い方とかギャンブルに走らないとか、
タバコやお酒は飲まないとかね、
女癖が悪いとか、仕事の内容とか色々、男性を判断する事柄はあるけど、
ワタシは、それを全部クリアーする男性をあえて条件に全部出して書いたのです
結婚相談所の会誌にへ。こんな風に。
バ~ンと。
dinks_20111222141632.jpg

女癖は、ちょっとしばらく付き合ってればわかりますよね。
携帯の使い方を見てれば。
携帯の中身を見てなくても、隠れてこそこそ話をしてるとか
ロックをかけてるとかそういうのをしてるのは、怪しい。
あと、モテる人ってわかるでしょ?


じゃあ、自分はどれだけ優れた女なのか?って言われると困るんだけども
男によって、おんなの一生って本当に変わっちゃうので、
女はバカでも、男性が賢ければいいと思うんですよ。
男性がシッカリしてれば。
将来のヴィジョンがシッカリしてるとか、生活に困らないだけの年収がしっかりあるとか
お金使いは荒くないか?とか。
(基本、自分を愛してくれてるのかっていうのは逢って、当たり前として)


どこに住むか?とかそういうのも、結婚ってすごく関わってくるよね。
ワタシは、転勤族だから、転勤族は嫌だったし、
これぞ、神のお導き?ていうの?
今の夫は、持ち家マンションで、偶然に、ワタシの実家の鎌ヶ谷からすぐ近くの柏在住だった。
今まで、家から遠い彼氏とばかり付き合ってたワタシには、
もう、願ったり、叶ったりで今まで待ってて良かったなあって思ったものだったよ。
母は、実家が京都だったので、可哀想に本当に数年に1回とかしか実家に帰ることが出来なかった。
東京と京都とか岡山と京都とか、その上に、私達こどもの面倒があったから。
孫の私達は、おばあちゃんちにワタシだけで、新幹線に乗って行ったことが何度もあったけど、
そういうのを考えると、母は可哀想だったなあって思う。
今のワタシは、渋滞してなければ、実家へ車なら20~30分で着く距離で逢えるからね。


とはいえ、原発事故が起きてから、鎌ヶ谷の家も戸建なので線量が高いので
1度も泊まりでは帰ってません。
鎌ヶ谷市も除染地域の指定に入りました。



とにかく、結婚って大変だよね。
でも、一番大切なのは、何をおいても自分を守ってくれる人か?ってことだと思う。
おかあさんなのか?
自分なのか?


これって、永遠の問題なのでしょうね。




スポンサーサイト

13:52  思い出すと・・・ comments(4) no-trackback
comment
Re: 最近は・・・
> emyさんへ

本当に、最近の芸能人の結婚ってすごいですよね。
ほしのあきなんてあの歳差、ルミ子の再来か?って思いましたよね。
でも、でき婚なんでルミ子よりうわてですよね。(笑)

くぅちゃんも、ツアーの日取りまで決まってたのに、ああですから。
まあ、子供、すごい欲しがってたし、中居クンと結婚できなかったので、
もう彼に走ちゃったんでしょうね。
でも、年下でも、カッコいいし、中身はよさそうな彼でしたけどね。

ん~、どうなのかなあ?
ワタシは、どうあっても、人の幸せを奪って、幸せになる形の結婚だけは
肯定できないのですよ。
いわば、略奪婚みたいなやつ。
夫婦関係が破綻してたとか、言っても、子供がいたら・・・
やっぱり、子供の心を考えると可哀想で。
自分たちは、親に恵まれて育ってきたわけで。
DVとかする親なら、そりゃあ、いない方がましですけどね。

そうですね。
自分が後悔しない選択をすることが一番ですね。
まあ、後悔しても、やり直しって何歳からでも効きますけどね!
本人のやる気さえあれば・・・ね。



  • 2011.12.23
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: yoshikoさんへ
>yoshikoさんへ

コメントありがとうございます。

いえ、いえ、気が利く女でしたら、もっと掃除やら料理やらうまくなってますよ。
夫は、仕事のことは一切、ほとんどうちでは話しません。
なので、うう~ん内助の功はないと思いますね。
反対に、夫の方が1度言ったことは、絶対に守りますよ。
結婚した初めの日に、「ゴミ出しはあなたの方が早く玄関を出るのだからあなたの仕事ね」
といったら、今まで本当にずっとゴミ係は彼がしてくれてます。
賢い妻というより、ぐうたらな妻ですよ~、ワタシは。(笑)
  • 2011.12.23
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
最近は・・・
ゆあさんへ

おはようございます。寒いですね・・・。

私も親や家族が受け入れてくれない結婚をする気はないですね。でも、もう、最近の世の中は、『自分達が良ければ良い』的ですよね。芸能人見てても、子供いたって再婚するし、3度も4度も再婚とか、12歳差とか20歳以上差とか、正直『何でもありなのかよ』ってつっこみたいですよね。アメリカの結婚・離婚みたくなってきてますよね。

それを考えると、本当に自分達さえ幸せなら良いのかーってなって来ますよね。人はみなエゴイストって事ですね。もちろん、結婚だけが全てでは無いし。それに、いつ大地震で死ぬか分からないなら、余計に幸せなら良いとみんな思ってしまうし。何だか、よく分からない世の中ですよね。

なので、自分が一番後悔しない選択が大事ですね。人がどう思うか?親がどう思うか?とかは関係ないのかなって。そう、思います。これも、良し悪しですけどね。(爆)

emy

  • 2011.12.23
  • URL
  • emy
  • [ 編集]
結婚がうまくいくかいかないかは、女がしっかりしなきゃいけないと思う。
内助の功ていいますが、男が仕事で成功するかしないかも、奥さんの力って大きいと思うわ。
ゆあさんは、家事がだめと思っているけれど、貴女は気が効く人ですからね。賢い奥さんタイプなんです。
  • 2011.12.23
  • URL
  • yoshiko
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。