>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.10.07
☆ワタシを救ってくれた人・・・
私は皆が思ってる以上に放射能がスゴク怖い。


それは 今までの定検とかでCTを人より何倍も浴びてきて
普通の人の許容量なんてものを遥かに越えてもう年の分の倍は浴びてきちゃったから。
これ以上の内部被爆も外部被爆も
次のがんの引き金にいつなるかわかんないから。

だから すごく神経尖らせてるし
3.11からうつと別に引きこもりになった。

余計な外部被爆を避けたいから、外が本当に本当に怖くなった。

いつもコメントをくれるemyさんみたいな健康体と
精神的強さがあれば、岡山あたりに避難を一人でしにいきたいくらい。
それが正直な気持ち的な本音。

チェルノブイリハートなんて見なくても
自分は自分なりの凄まじい闘病体験があって今生きてるわけで
「あの治療をまたしろ」なんて言われても
私は出来ないし、逃げる。


死んでもいいから
やりたくない。


どうせ みんな遅かれ早かれ死ぬんだし
一回もそんな思いを知らずに死んでいける人もいるのに
なんで私は二度もあんな思いをしなくちゃいけない?と思うからなんだ。


これは 体験者のみんなならきっとわかってくれると思うけど
今の抗がん剤はかなり昔より種類も増えて、吐き気止めも強力になってて
治療もそんな過酷じゃないみたいだから
「やらなきゃ死んじゃうのに、なんでそんなに嫌がるのか?」
わからないって人もいるかもなんだけどね。


とにかく、ワタシの中ではもう10数回のCAPはもう一生分とやったと思ってるんだ。


引きこもりになった私を
夫や親や妹が批判するよ



「仕方ない みんなそうなんだから
心配しすぎ・・・そんなんで福島の人はもっとツライんだぞ」

色々いう。

でも この怖さはきっと、妹にも夫にも母にも絶対にわからないと思う。

昨日も気が狂いそうになって 家を飛び出して
道路に飛び出して
発作的に死にたくなった

「いつまで こんな地獄が続くの?
外に出ても、マスクも取れない。
何を食べても、飲んでも何ベクレルかは入ってて、なにもかもが安全じゃない。
それが蓄積して、またワタシの体にいつがんが出来るかわからない。」

この無限ループの恐ろしさ。
がんになった人ならわかるよね?

旦那の帰るコールも無視して出て話したくもなかった。


でも、そんなワタシを
どん底から引き上げてくれたのは、
悪性リンパ腫を完治した独身の広島に住むある女の子だった。

結婚について悩むメールをくれて 私の意見を頼ってきてくれたの。


悪性リンパ腫の抗がん剤は、私がした抗がん剤より何倍も強い苦しいもの。

そんな抗がん剤に耐えた彼女に、ワタシは会いたくなった。
そして、逢ってメイクしたらどんなに自分が光り輝けるようになるか?
のテクニックを教えてあげたくなった。

「そうだ、1週間くらい、避難を兼ねて広島に行こう!」と思った。

今まで、一番遠くて遠征は大阪までしか行ったことはないけど、
行けるかどうかパニックもあるし、不安だけど。


そしたら彼女も、「ゆあさんに是非会いたい」って書いて来てくれた。
「私も 岡山まで出れますから、岡山で12月に逢ってください。」って言ってくれたの。


それで 私は12月までは少なくても
「この子の為に生きていなくちゃ」って始めて思えた。


気持ちのどん底から彼女に救い上げてもらったんだ。


大好きな妹にでもなく
母や夫にも出来なかった。


私の心を救ってくれたのは 彼女だったよ。


広島のHちゃん・・・ありがとう。

絶対に岡山で逢おうね、12月に。


スポンサーサイト

22:49  感謝の気持ち comments(3) no-trackback
comment
気分転換
柏市は、全国的にみても、サイクリング環境のすぐれているところです。
放射能とおなじくそれを知らない柏市民が多い。
手賀沼=大堀川=江戸川で広範囲に連携しています。水元公園なんかにもサイクリングでいけます。これは気持ちいいです。
Re: 出来るよ、ゆあさん。
> emyさん

コメントありがとうございます。

うう~ん、どうしても夫が仕事をあと、1年半辞められないので、
避難するとしたら、私一人で行かねばならないんですね。

一人暮らしの経験があれば、ともかく、その上、このパニック発作というものを
持って、一人暮らしはやはり危険が多すぎて出来ないんですよ。
周りに知り合いがいるわけじゃないし。

旧友はいても、岡山に散り散りになっているし、
頼れる人っていないんですね。
みんな親の介護とかあって、それどころではないと思うし。

でも、12月までなんとか生きていたいと思えるようになった自分が今、いることが
私には救いなんです。
もう、右も左も上も下も汚染されてて、気が狂いそうだったので。

12月までまだ無事に日本があるかな?
その方が、なにげにマジで心配なんですけどね。

  • 2011.10.07
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
出来るよ、ゆあさん。
ゆあさん

こんばんわ。

ゆあさんが『逃げたい』と思うのであれば、逃げるべきです。岡山でも広島でも。 私が健康だけで逃げると思いますか? こう見えて、すっごい不安なんですよ。もちろん、他の人よりは慣れてるし、言葉で困るってこともないので、その点はラクですけど、お金ないんですよ、私。それでも行こうとしてる私。 不安ですよ、こんな強そうな女でも。

『逃げたい』と思うことが大事だと思います。 できると思えばできるんですよ。確かに、簡単なことではないですけどね。子どこ5人も連れて逃げた人だっているんですから。こんな汚染地域に住んでたら、ダメです!!!!!


うんうん、とりあえず、12月に行くことは素晴らしいです。岡山ならまだ土壌汚染は無いでしょうしね。私もある意味、早めに行くのはデトックスもありますよ。 是非とも、岡山に引っ越してください。 逃げてください。

emy
  • 2011.10.07
  • URL
  • emy
  • [ 編集]
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。