>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.10.07
☆知っておいて下さい・・・
今、施行されている暫定基準値の500Bq/Kgは、
食べ続けても安全な値という意味ではなく、
飢餓をさけるための基準だそうです。

以下、松田浩平教授(東北文教大学)のFacebookのコピーです。

【食料生産者の皆さんへ】

[松田 浩平氏]
国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。
もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。
全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。
つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。

[松田 浩平氏]
言い換えれば500Bq/Kgは全面核戦争で放射性物質により地球上が汚染された場合に人間が死滅しない基準と考えるとわかりやすいでしょう。
この基準を適用すれば10年後に日本人が6000万人生き残っていれば御の字ということを意味しています。

[松田 浩平氏]
WHOでは500Bq/Kgを「全面核戦争前提の【緊急基準】最長3ヶ月程度」としています。

[Q]
これとの関連はありますか?http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

[松田 浩平氏]
関係有ると思います。
おそらく政府は条件を無視してこの世で最も甘い基準を暫定基準としたのでしょう。
それだけ重大な事態であることを認識しているのだと思っています。
しかし日本は国難に際して国民の生命を第一に考えたことなど歴史の中で一度も無かったことは周知の通りです。



現在、売っている食べものにはどこにもなんの商品にもベクレル表示はしてありません。
しかし、チェルノブイリ事故があったベラルーシの町ではベクレル表示をして食べ物が売られています。
そして、基準はこの間、貼ったように日本の基準の何10分の1です。


私達は、政府に、たくさんの方々が知らずに放射能廃棄物をもう半年も食べさせられてるのだということに気付いて下さい。

西日本に東日本の野菜が「東北を応援しよう」などに言葉と共にいっぱい売られてるようです。
彼らは、良心で、それらを買い、知らずに食べ、内部被爆の蓄積をしてる方が多くおられる危惧が
心配されます。

西日本の方も、東日本の方も、なるべく西の野菜を買い求めて下さい。
肉は、海外産を。
乳製品はやめ、今年の新米も暫定基準値を上回ったものとブレンドして産地を偽装した袋で売られてる場合が
多々あるようなので、出来れば信頼できるところから買って下さい。
玄米はやめ、精米し白米で食べて下さい。
お米は毎日、食べるものです。
体内蓄積が早いです。


福島の事故は収束したのではありません。
多くの方が、マスクもせず、3.11以前と同じような生活をしていますが、
事故はまだ進行中なのです。


そして、今、日本のあちこちで地震が起きています。
第2の福島の事故がどこで起きてもおかしくない状況に今の日本は地震活発期・活動期に入りました。
いつ、大地震がどこで、起きてもおかしくない事態です。


日常から危機管理の意識を持って下さい。
それが、唯一、自分の身を守る術だと思います。

スポンサーサイト

11:35  放射能・放射線情報 comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。