>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.09.08
☆何を書いていいのか?わからなくなっています・・・
3.11から、もうすぐ半年ですね。

ワタシの生活も、本当に文字通りのひきこもりの生活になってしまいました。
まさか。自分の住んでる場所が、毎時0,3μSvも常にあるようなホットスポットになるなんて
思ってもいなかった。
ご存じですか?
ガイガーカウンターでウクライナ製のSOEKSというブランドのもので測ると、
0.3μから安全じゃなく注意の黄色の背景に変わるんです。
部屋の中は、なんとか3,11以前とそう変わらない数値を維持してるといっても、
段々、上がってきてます。

マスクをしてても、外部被曝で、体をγ線があちらからこちらから、体を突き抜けてると思うと、
外を長時間歩くのも、怖いんです。
でも、ここの人は、何事もなかったかのように、街路樹の下を日々マラソンしてるし、
お子さんをベビーカーに乗せて散歩してたり、犬の散歩に歩いていたりします。


そんな皆さんは、今までのCTを何回分も自分の体に受けてないですよね。
自分の人生の総被曝量なんてレントゲンくらいで、たかがしれてると思うんです。
でも、ワタシは去年も一昨年もマンモも受けてるし、
今年に入って、レントゲンを2回も撮っちゃったし、
自分の体の総被曝量を考えると泣きたくなるんです。
わかりますか?


ガン発生は低線量であっても、総被曝量に比例するんです。

買い物も、急いで自転車に乗って買う物だけ買って急いで帰るか土日の休みに旦那の車で
まとめて買って、極力、外を歩かないようにしている。
自分で過敏になってるんだとわかっても、カゴの鳥のようにならざる得ないんです。


だって、うちの駐輪場なんて0.5μSVゆうにあるんですよ。
ロシアで行ったら、避難区域に当たってしまう数値です。
臭いも色も、芽にも見えない放射能。


親は、そんなワタシを笑いますが、すみません。
ワタシは、怖いんです。
わかってもらえなくてもいい。
もう、がんなんて、あんなつらい思いはしたくないんです。

こんなところにいたくない!!
もっと若かったら、一人でどっか避難するパワーもあるのかもしれない。
でも、今のワタシにはそれが出来ない。


グルグル考えていたら、食べるモノもなくなって(内部被爆してるからか?)
体に顔にまたアトピーがストレスから?セシウムが出てる水道水のせい?
かあちこち出来て、もう最悪です。


来週は沖縄ですが、台風が起きちゃいました。
どうなっちゃうのでしょうか?

ご存じですか?
3.11以前は、自然放射能は0,03~0,05くらいしかなかったんです。
ここも。
それが、今や10倍です。
スーパーに行っても、果物しか海外のものは売ってない。
何を食べて生きていけばいいのか?
ワタシは、もう哀しくてわからなくなっています。



スポンサーサイト

01:46  ゆあの独り言 comments(4) no-trackback
comment
Re: 怖いですよね
>みくさんへ

初めてのコメント、ありがとうございます。

みくさんは今、治療中なのですね。
お気持ち、解って頂けて、嬉しいです。。

福島の子供たちのことを考えたら、こんな程度で怯えてる自分はいけないとわかっているのですが、
あまりに治療が辛かったので、またあの治療を繰り返したくないと強く思ってしまうからか?
怖くて仕方がないのです。

みくさんの治療が無事に終わり、元気になられることを微力ながら、心から応援していますね。
コメントだけでなく、メールもお気軽にいつでも下さいね。

みくさん・・・、ありがとうございます。
  • 2011.09.08
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
Re: タイトルなし
>コメントにご質問をありがとうございました。

そうです。ワタシが過去に罹患した卵巣ガンは放射線によるものではありません。

でも、その罹患したがんのあとに、定期検診などでCTなどと5年までに最初の年は2~3回ずつ受けてしまって
きており、レントゲンやマンモなども含めると、もう1年に1ミリシーベルトを限度とする世界基準で

考えると、ゆうにもう年齢分は超えてしまっているんです。

普通の方々の倍、の90ミリは受けてしまってきている。

100ミリからのがんの発生の因果関係は照明されています。
100ミリ以下の因果関係はエビデンスはないけれども、年5ミリで白血病の労災が降りているので、そのエビデンスはあるようです。

わかっています。自分でも。
悩んで引きこもっていても、ガンになるときはなるし、何にも考えないで元気に外を歩いててもならない時は
ならないことを。

でも、ごめんなさい。

ワタシは、被曝が本当に本当に怖いのです。

閉じこもってても、はじまらないですよっていう意味でコメントを有り難く頂いたのに・・・
すみません。
  • 2011.09.08
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
怖いですよね
わかりますよ。
毎月毎月レントゲン受けて、三ヶ月に一度、CTやPETを受けていて、治療中のスキルス胃ガン患者です。
ガンは怖いですよね。
被爆は怖いですよね。
怯えていても前には向かず、どうしたらいいのか歯軋りしますね。
あまり追い込まない様に、時々忘れられるように、気持ちを解放してあげてくださいね。
  • 2011.09.08
  • URL
  • みく
  • [ 編集]
お邪魔いたします。ひとつ質問があります。

あなたが過去に罹患した卵巣がんは、放射能が原因ではないですよね。

今後あなたが、放射能が原因ではない癌に罹る可能性は、ないとお考えなのでしょうか?
(外出せず放射能を避けていれば、癌にはならないとお考えですか?)

不思議に思いましたので、質問させていただきました。
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。