>
フリースペースです。

プロフィール

ほししま ゆあ

  • Author:ほししま ゆあ
  • ゆあ・・・1963年7月24日生まれ(しし座)
    血液型・・・典型的なB型(好きなモノには、
    猛突進してのめりこむが、キライなモノには、
    一切手を出さない)(笑)
    現在51歳、既婚・子供なし。
    30歳独身時に卵巣ガンになり、結婚相談所にて35歳にて結婚。
    ただいま、大うつ病・パニック障害・不眠症を治療中。
    メンタル面で非常に弱いので、
    その方面に理解のない方は、
    コメント・メールはお控えお願い致します。
    メールの内容によっては、お返事致しかねる場合も
    ありますので、ご了承願います。

    2013年5月9日より13年間住んだ柏市(北柏・根戸付近)より放射能汚染を逃れて、岡山県に夫と自主避難移住を完了。
    現在に至ります。

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.07.28
☆衆議院 厚生労働委員会から 7月27日<必見>です。
必見です。

御用学者でない東大の先生はまだいてくれたんですね。



児玉 龍彦東大教授:◆こだま・たつひこ

東大先端科学技術研究センター教授(システム生物医学)でアイソトープ総合センター長も務める。
福島県南相馬市で学校などの放射線量測定を続け、市に調査や除染を指導している。


スポンサーサイト

20:41  放射能・放射線情報 comments(2) no-trackback
comment
Re: だだしい発言に注目しない
>パクパクさんへ

東大にもこんなに福島の子供のことを真剣に考えて下さっていた方がいたことに
一抹の安堵を覚えました。

ただ、訴えてもそれが実現するには抵抗勢力が大きすぎて、
私達に何ができるか?と考えると良い案が浮かびません。

祈るだけでは何も進みません。

子供を持つ、福島の親御さんたち、首都圏に住む子供を持つ親御さん達に
子供の命を守る勇気を持ってもらいたいと思います。

ガンを体験したワタシから言えることは、ガンになってからでは遅いのです。
命は、お金では買えません。

決して裕福ではない家庭でも、疎開してる方々はいます。
それは、難しい決断だったことでしょう。
でも、子供の体を考えたら、今の福島の放射線値は危険きわまりないものです。
大人の何十倍も子供には感受性があるからです。

赤ちゃんだと100倍にもなるそうです。
  • 2011.07.29
  • URL
  • ほししま ゆあ
  • [ 編集]
だだしい発言に注目しない
日本人は、真実や怖いものを言う人を
気ちがい・村八分扱いしますが、
東大の先生が言えば、信用するでしょう。

太平洋戦争中、日本は負けるといった人を
非国民といっていました。

でも、いまはジャスミン革命の時代です。
この先生に、国民栄誉賞をあたえるのが
真の政治でしょう。
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。